開発したアプリなど一覧

WordPress のエディタを旧式に戻す Classic Editor プラグイン

もうすぐ WordPress のアップデートによりエディタが Gutenberg と呼ばれる新型に置き換わるようだ。実際に試してみたが見た目は今風でカッコ良いものの、今までの投稿方法が一切使えずとても使いにくい。

WordPress では今後 Gutenberg を採用していくとのことでこれに慣れるか、Classic Editor プラグインを導入して旧式のエディタを使い続けるかを選択する事となる。

このプラグインを導入すると投稿設定に Classic editor を使うかどうかのオプションが用意される。

この項目では 「Gutenberg をクラシックエディタに置き換える」もしくは「Gutenberg エディタをデフォルトで使い、旧エディタへのリンクを含める」のどちらかを選ぶ事ができる。

日本語化されているのでわかりやすい。Gutenberg を一切使う気が無いなら「置き換える」を、徐々に慣れていきたいのであれば「リンクを含める」を選ぶと良いと思う。

Gutenberg が使いづらいと感じるのであれば入れておくと良さそうだ。

Sponsored Link

コメント