ツイートの位置情報を記録する My Tweet Maps という Web サービスを開発した

シェアする

タイトルの通り、ツイートの位置情報を記録する Web サービス My Tweet Maps を開発した。どこに旅行したのかなどを地図上にプロットしたり特定の場所でのつぶやき一覧を見る事ができる。

実際に作成したのは数ヶ月前だったのだけど、サーバー OS のアップデートしようとか本番環境で動作確認しようとか思ってそのまま放置してたのをどうにかしてたら遅くなってしまった。

My Tweet Maps

My Tweet Maps とは?

Twitter のツイートの中から位置情報がついているものを収集する Web サービスだ。集めたツイートから呟かれた位置を地図にプロットしたり、ある場所で呟かれたツイートの一覧を表示できる。

位置情報といっても Twitter のツイートに付ける Place 情報をもとにしている為、場所によっては市町村レベルの大雑把な位置しか記録できない。自分の用途ではその程度で十分だったのでこれを利用する事にした。

と、思って居たのだが日本に戻って確認したらお店とか出てくるのでそのへんはツイートする際に気をつけてという事で。

Twitter の OAuth を利用しているが情報の読み込みのみで何か投稿したり誰かを勝手にフォローすることはできない。

開発の経緯

海外滞在中に、今まで行ったところを自動でプロットできるアプリが欲しい、と思った事が開発し始めた理由だ。

位置情報を記録するものというと Google Maps のタイムライン機能があるのだが、あまりにも詳細すぎて住んでる場所だけでなくどこの店に行ったとか非常にプライベートな内容まで記録されているので公開向きではない。

何か他に無いかと考えたが、 Twitter に投稿する際に位置情報付きで呟いてそれをログに残せば良いのではという事を思いついた。ツイートの記録を行う Web サービスというのは Twilog とかいろいろあるんだけど位置情報だけにフォーカスを当てたものはググった感じ特に見当たらなかったのでそれならば、と自分で作ってみることにした。

ツイートの位置情報も設定をすれば詳細な位置を投稿できるが、GPS を有効にせずとも市町村レベルのおおざっぱな位置を投稿できる。この Web サービスでは Twitter のツイートにある Place 情報を収集している。なので場所によっては店とかランドマークとか投稿できるようだ。

というわけで宜しくおねがいします。

Sponsored Link

シェアする

フォローする