セカイVPN と マイIP の違い、どちらを使うべきか

シェアする

セカイVPN の Web サイトを見ているとところどころに「マイIP」という単語がある。

海外からでも日本の固定IPが使えるマイIP

マイIPセカイVPN もインターリンク社の提供する VPN サービスであることには変わりは無い。ではこの2つにはどのような違いがあるのだろうか。

マイIP とは何か?

マイIP を簡単に言うと「日本の固定 IP を利用するための VPN サービス」だ。通常我々がインターネットに接続する際 IP アドレスは接続する都度異なる可変 IP を利用するのだが、マイIP を利用すると常に同一の IP アドレスを利用できる。

とくにモバイル回線など固定 IP を得る事が実質不可能な環境も多い。そういった環境でもマイIP を利用すれば IP を固定にする事ができる。

IP アドレスが固定になる事の利点としては、自分の端末をサーバーとして利用したり、IP アドレス単位でアクセス制限を行うサーバーへ外出先からでも繋ぐ事ができるといったものが挙げられる。主に仕事で利用するケースが多いのではと思う。

マイIP へは VPN を利用して接続するため、海外にいても日本の IP アドレスを利用できるというのも利点だ。そうする事で海外に居ながらにして日本限定の Web サービスを利用したり、中国やタイなどといったインターネット上の検閲を回避する事ができる。

VPN では通信を暗号化するので公衆無線 LAN を利用する際のセキュリティを確保する事も可能だ。

マイIP とセカイVPN の違い

マイIP もセカイVPN も VPN サービスである事には変わりは無いが、以下のような違いがある。

セカイVPN マイIP
IP アドレス 他ユーザーと共有 固定 IP
利用可能サーバー国 日本・韓国・台湾・ドイツ・アメリカの5カ国 日本のみ
接続方法 PPTP, L2TP, OpenVPN, IKEv2, OpenConnect, セカイブラウザの6種類 PPTP, L2TP の二種類
接続可能数 最大三台 一台のみ
料金 月額1080円 月額1080円

このように固定 IP を得られるという点以外ではセカイVPN のほうが利点が多い。例えばマイIP では海外限定の Web サービスを利用できなかったり、PC とスマートフォンを同時に利用できないといった制約がある。サーバーが日本にしかないので地理的に日本から離れると通信速度が非常に遅くなる可能性もある。

多くのユーザーにとっては固定 IP が必要なケースというのはほとんど無いのではと思う。自分も固定 IP が欲しいとは思うが絶対に固定でないと困る、という場面には遭遇したことが無い。

固定 IP が不要であればセカイVPN のほうが良いだろう。

いろんな国のIPアドレスが使えるVPNサービス【セカイVPN】

セカイVPN の紹介については以下を参考にしてほしい。

無料期間もあるセカイ VPN を Windows で利用し、海外から日本の Web サイトへアクセスしたり通信を暗号化する

Sponsored Link

シェアする

フォローする