日本語にも対応、Google Keep の OCR 機能で画像内の文字をテキストとして取り込む

シェアする

Google Keep にはメモに貼り付けた画像や写真の中から文字を自動的に認識し、テキストとして取り込む機能が備わっている。紙のドキュメントをテキストとして取り込めれば後から検索する際などに役に立つだろう。

Google Keep の画像内の文字認識機能(いわゆる OCR)は日本語にも対応している。早速試してみよう。今回は自分の Android 端末を利用した。iOS でもできると思う。

Google Keep を起動し、画面下の画像マークより写真もしくは画像を選んでメモに貼り付ける。

画像をタップし、画面右上の「・・・」のアイコンから「画像のテキストを抽出」を選択する。

この処理は結構時間がかかる、気長に待とう。抽出が終わると以下のようにメモに抽出したテキストが入力される。

完璧とまではいかず多少の手直しは必要だが、一から入力するよりはずっと楽だ。今回はディスプレイに映した文字を認識させたが紙のドキュメントからならもっと精度が高いのではないだろうか。

一度電子化しておけばあとから参照するのに検索機能が使える為とても便利だ。紙のメモを電子化したいのであれば試してみると良いだろう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする