開発したアプリなど一覧

Gboard の日本語入力設定をカスタマイズする

Google 製の Android/iOS 両対応キーボードアプリ Gboard には数多くの設定項目が用意されており、好みに応じて設定を変更する事ができる。

このブログを見ているという事は日本語ネイティブもしくは日本語に堪能な方だと思う。Gboard の日本語入力の設定を変更して使いやすいようにカスタマイズしよう。

Gboard そのものの解説に関しては以下を参照してほしい。

日本語も使える Android/iOS 両対応の Google 製多言語対応キーボードアプリ Gboard

日本語入力の設定場所

Gboard の日本語を含む各言語の入力設定を開く方法は複数用意されている。

  • キーボード左下の「あ/a」キーをロングタップ -> 「言語」をタップ
  • キーボード上の「地球キー」または「スペース」をロングタップ -> 「言語設定」とタップ
  • キーボード左上の「G」アイコンをタップ -> 「Gboard キーボードの設定」を開き「言語」をタップ

そうすると有効にしている言語の一覧が表示される。

日本語を選択すれば以下のように日本語キーボードの設定画面が表示される。

日本語入力時キーボードの選択

Gboard では日本語入力する為のキーボードとして「12キー(フリック入力)」「QWERTY」「手書き」「GODAN」の4種類のレイアウトを用意している。

特にこだわりがなければ標準の「12キー」で問題ないだろう。フリック入力に不慣れであれば子音と母音を選んで入力する「GODAN」のほうがわかりやすいかもしれない。

日本語入力時のスペースを強制半角にする

通常、日本語入力状態でスペースキーを押すと全角スペースが入力される。PC 向けのキーボードであればシフトを押しながらの入力で半角にするなど打ち分ける事ができるが、スマートフォンではそうはいかない。

言語設定の日本語にある「半角スペースの使用」を有効にすると、日本語入力時のスペースも強制的に半角にする事ができる。

フリックのみで利用する方法(ケータイ入力の有効/無効化)

日本語のフリック入力モードは各キーを連続で押して文字を選択する、ガラケー時代の入力も兼用している。が、同じ列の文字を連続で入力する場合に矢印を押す必要があるなど、フリック入力に慣れた方であれば邪魔なだけで不要だろう。

言語設定の日本語にある「フリックのみ」の項目を有効にすればケータイ打ちは無効となる。ガラケー時代の遺物は早く捨ててしまおう。

日本語入力でもアルファベット入力は QWERTY にする

日本語入力モードでフリックを選択していると、アルファベットに切り替えても同様にフリック入力となる。日本語は良くてもアルファベットをフリックは辛いと思う人も多いだろう。

「英字入力はQWERTY」の設定を有効にすると日本語入力モードでアルファベットに変更するとキーボードのレイアウトが Qwerty になる。残念な事にグライド入力はできない。

まとめ

キーボードアプリは頻繁に利用するものなので使いやすいようにカスタマイズしておこう。

Sponsored Link

コメント