Gboard の単語リスト機能を使い辞書登録を利用する方法

シェアする

コンピュータで文字の入力を効率よく行う際に便利なのが、辞書登録機能だ。Google 日本語入力や MS-IME, ATOK といった入力ソフトウェアには辞書機能が搭載されており、好きな語句を登録して素早く変換する事ができる。

特に文字入力が遅くなりがちなスマートフォンで効率よくタイピングする際にはより重要だろう。

このページでは Google 製多言語対応キーボードアプリである Gboard での辞書機能の利用方法を紹介する。

Gboard の解説については以下を参考にしてほしい。

日本語も使える Android/iOS 両対応の Google 製多言語対応キーボードアプリ Gboard

Gboard で単語を辞書登録する方法

まず Gboard のキーボードを表示させ G アイコンから設定を開き、「単語リスト」を選択する。設定の開き方は G アイコン以外にも「あ/a」ボタン長押しなどでも表示できる。

さらに「単語リスト」を選択し、日本語(日本) を選択する。

「単語リスト 日本語(日本)」の画面を開いたら、右上の「+」マークをタップすると単語を追加できる。

一つ目のテキストエリアに変換したい単語を、ショートカットの欄にどの語句で変換するのか、を登録する。例としてこのブログの URL である「https://loumo.jp/」を「ろうも」で変換できるように登録してみた。

こうすることで「ろうも」で「https://loumo.jp/」に変換する事が可能となる。

よく使う単語はこのように登録しておくとテキスト入力が捗るだろう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする