開発したアプリなど一覧

Google Maps のライトモードを利用する

普段あまり気にする事も無いかもしれないが、Google Maps にはライトモードというものが存在する。スマートフォンやタブレット等のブラウザや PC でも古いバージョンのブラウザや OS を利用している場合などに自動的に使われる軽量バージョンだ。

もし Google Maps が正常に表示できなかったり、スクロールや拡大縮小などが動かない場合にはライトモードに切り替えることで正常に使えるようになるかもしれない。

Google Maps のライトモードを利用する方法

通常の Google Maps からライトモードを表示する為のリンクなどは特に無いようだ。一応ヘルプを開いてアクセスする事ができる。

もしくは Google Maps の URL に force=lite をつけることでライトモードを利用可能だ。

ライトモードでアクセスすると地図の右下に稲妻のアイコンが表示され、クリックすると「ライトモードを使用中です」と表示される。

Google Maps のライトモードから通常の Maps へ変更する方法

地図の右下の稲妻アイコンをクリックすると、「通常のマップに切り替えられます」という表示がある。

これをクリックすると通常版の Google Maps が表示される。

Google Maps のライトモードでできない事

Google Maps のライトモードでは以下の事ができない。

  • 3D 画像や Earth ビューを表示する
  • 地図上にコンピュータの位置を表示する
  • 自宅や職場の住所を設定する
  • 付近を検索する
  • 場所間の距離を測定する
  • 座標を取得する
  • ルートをドラッグする
  • 地図を埋め込む
  • 車両に場所情報を送信する
  • Google マップでマイマップを表示する
  • 編集を提案する
  • 場所に非公開のラベルを追加する

検索をしたりルートを検索したりといった利用頻度の高い機能は利用可能だ。上記の機能が不要であればライトモードを使い続けるのも悪くないと思う。

Sponsored Link

コメント