macOS で Web ページや Youtube, 画像等ファイルをなんでもフローティング化するアプリ Fenêtre

シェアする

動画を見ながら作業したい、何らかのファイルを参照しながら別の操作を行う、といった場合等、ウインドウを複数開いて作業する事があると思う。通常 PC 向け OS ではウインドウを複数開けるのでそれで問題ないのだが、他のウインドウに被って見えにくくなったり、小さいディスプレイではウインドウの縁が邪魔になる事もある。

macOS を利用しているのであれば Fenêtre というアプリを利用する事で簡単にウインドウをフローティング化し、動画を見ながら作業したり、ドキュメントを参照するのに便利になる。

使い方は簡単、起動したらメニューバー上に正方形のアイコンが表示されるのでそこに URL やファイルをドラッグするだけだ。

それだけで簡単にウインドウをフローティング化、画面の最前面に表示する事ができる。

対応しているのは Youtube 等動画サイトを含む Web ページ全般に画像や動画、PDF やテキスト等ドキュメントといったローカルファイル。一般的な用途であれば大体なんでも表示できると思う。

Youtube 等はプレイヤーのみを表示でき、マウスカーソルを乗せなければタイトルバーすらも表示されない為スペースを有効活用できる。

もちろんウインドウの大きさや位置は自由に変更可能だ。

自分は無料版を試したが有料版もある。有料版ではウインドウの透明度のコントロールや複数のウインドウの表示、ブラウザ拡張機能との連携、クリップボードとの連携、履歴の保存等様々な便利機能も利用できる。

複数のウインドウを表示して作業したいという場合に便利なアプリと言えるだろう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする