WordPress に CTR 上昇のためのリッチスニペットを簡単に導入できる All In One Schema.org Rich Snippets

シェアする

Google で検索しているとき、検索結果が以下のような見た目になっている Web ページを見たことあるかもしれません。

richsnippet-sample

これは Schema.org を利用して検索エンジンに評価やレビュー数、値段等の各種情報を伝える事で実現可能です。

これを WordPress でも簡単に導入できるようにしたのが All In One Schema.org Rich Snippets というプラグインです。

All In One Schema.org Rich Snippets のインストール

WordPress に登録されているプラグインなので管理画面のプラグイン新規追加画面より "All In One Schema.org Rich Snippets" で検索すると出てくるのでインストール -> 有効化と進めていきましょう。

もしくは上記 URL よりファイルをダウンロードし plugins ディレクトリへアップロード、管理画面より有効化しましょう。

All In One Schema.org Rich Snippets の使い方

このプラグインを導入すると投稿画面の下の方に Schema.org を入力する為のフィールドが表示されます。

wordpress-richsnippet-edit

ここに記事の内容にそって値を入力していく事で Google 等検索エンジンが情報を認識し、検索結果に反映されるようになります。

入力したら記事を表示するとリッチスニペットも記事の下に同時に表示されます。

wordpress-richsnippet-display

アドミンバーに Google のリッチスニペットのテストを行うページへのリンクがあるので試してみよう。

wordpress-richsnippet-test

問題ありませんと出たので暫くしたら検索結果に反映される、はずです。

あまりブログなどでこれを表示しているところは少ないので差別化できるかも?

Sponsored Link

シェアする

フォローする