華為技術(ファーウェイ)が日本向の SIM ロックフリースマートフォン、Ascend G620S を発表

シェアする

ascendg620s

華為技術(ファーウェイ)が日本向に低価格の Android スマートフォンである Asecend G620S を発表してたのでメモ。

Huawei - 日本市場向けSIMロックフリースマートフォン『Ascend G620S』を12月中旬より発売 - ニュース&トピックス - ニュース

主なスペックは以下の通り。

OSAndroid 4.4
ディスプレイ5インチ 1280x720 IPS 液晶
CPUQualcomm MSM8916 クアッドコア1.2GHz
RAM1GB
ROM8GB (32GB microSDXC対応)
カメラ800万画素とインカメラ200万画素
電池2200mAh
通信LTE, W-CDMA, GSM, IEEE 802.11b/g/n, Bluetooth 4.0
値段23000円前後(予定)

5インチで2万円代ということで先日発表された ZenFone 5 の対抗になるのかな、こっちのほうがだいぶ安いけどその分 RAM も ROM も少ない。大きさも同じような感じだろうか、バッテリーは一体型で取り外しできないようだ。

この値段でも LTE に対応しているのでブラウジングなどは快適だろうと思う。もちろん docomo MVNO に対応している。キャリア端末はどれもこれの3倍の値段がする事を考えると十分検討に値する端末だと思う。

以下に英語だが写真付きのレビューがある。サイズ感や端末の見た目を確認できる。

Hands on: Huawei Ascend G620S review | Phone Reviews | TechRadar

だんだんと低価格帯のスマートフォンが日本でもまともに使えるようになってきましたね。選択肢が増えるのは良い事です。

Sponsored Link

シェアする

フォローする