開発したアプリなど一覧

WordPressをXreaからServersman@VPSへ移行したメモ

やっとこさStandardPlanになったので、 今までXreaで動かしてたWordpressをいくつかServersman@VPSへ移行しました。
ちなみにブログ数は5個だっけな。移行時のメモ。

VPSの設定

ApacheとPHPとMySQLがあればWordpressは動くのでそれを入れる。ただ、初期設定ではyumでphp5.1が入るなどちょっと古い。
すでにServersman@VPSへインストールしている方がいるので真似するだけで楽です。ありがとうございます。

ServersMan@VPS PHP5.3.2 + MySQL5.1.45 のインストール - VPS - CentOS5 - ServersMan@VPS - てもぐ

一応コマンドだけメモしておく。

$ su - # wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-3.noarch.rpm # wget http://rpms.famillecollet.com/el5.i386/remi-release-5-7.el5.remi.noarch.rpm # # rpm -Uvh remi-release-5-7.el5.remi.noarch.rpm epel-release-5-3.noarch.rpm # vi /etc/yum.repos.d/remi.repo # この行の下に priority=1 を追記 failovermethod=priority priority=1 # # yum -enablerepo=remi install php-devel php-mbstring php-mysql # yum -enablerepo=remi install mysql-server # vi /etc/my.cnf [mysql] # add default-character-set=utf8 # add

[mysqld] datadir=/var/lib/mysql socket=/var/lib/mysql/mysql.sock user=mysql symbolic-links=0 default-character-set=utf8 #add

[mysqld_safe] log-error=/var/log/mysqld.log pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid

# chkconfig mysql on # /etc/init.d/httpd restart # # /etc/init.d/mysql start # mysql -u root mysql> show databases; mysql> select user,host,password from mysql.user; (ry) mysql> mysql> -- 必要の無いユーザとDBは削除する。 mysql> delete from mysql.user where user = ''; mysql> drop database test; mysql> update mysql.user set password=password('password') where user = 'root'; mysql> mysql> -- wordpress に必要なデータベースとユーザを作成する。 mysql> create database wordpress; mysql> grant all privileges on wordpress.* to wordpress@localhost identified by 'password'; mysql> exit #

次にDNSとVirtualHostの設定を行う。

まずDNSの設定

自分はValue-Domainを使ってるのでそこの管理画面にある「DNS情報変更」画面へアクセスしIPアドレスを Xrea の物から serversman@vps のそれに変更する。

value domain dns infomation

ターゲットの欄にserversman@vpsのipアドレスをいれる。
20-30分ぐらいで設定が反映される模様。

次にVirtualHostの設定。httpd.conf をいじる。

# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf # ついでに DirectoryIndex も設定する。 # index.php を追加 DirectoryIndex index.php (ry

# コメントアウトを外す。 NameVirtualHost *:80

# 以下追加 <VirtualHost *:80> DocumentRoot /home/foo/public_html ServerName example.com ErrorLog logs/example.com-error_log CustomLog logs/example.com-access_log common </VirtualHost>

# 以下サブドメイン分追加。 <VirtualHost *:80> DocumentRoot /home/hoge/public_html ServerName hoge.example.com ErrorLog logs/hoge.example.com-error_log CustomLog logs/hoge.example.com-access_log common </VirtualHost>

この後httpd再起動したらおk

WordPressの移行

移行する物はDBのデータとファイル類。

DBの移行は、phpMyAdminを移行元/先両方のサーバに入れて、DBをエクスポート/インポートする。DBがでかすぎるとタイムアウトエラーが出るけど途中からインポートしなおして強引に終わらす。
Xrea は管理画面からボタン一発で phpMyAdmin インストールできて非常に楽なんだけど、serversman@vps は自分でインストールしないといけない。そんなメンドクサイ事は無いけど、設定がわかりにくい。config.ini.php 作ってそれっぽいところに適当にユーザ名とDB名とパスワード入れればどうにかなる。

ファイル類は、wp のディレクトリごと scp とかで移行元から全部コピってくる。
DBの設定が違う場合は wp-config.php を編集する必要がある。

そんなこんなでサーバ自体の設定さえしてしまえば移行は楽でした。xreaは解約、Value-Domainだけ続行する。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました