makeおっせ

シェアする

早速MTがどんなDB構成になってるのか見るためにSQLiteをインストール

#aptitude install sqlite
.....

インストールされなかった('A`) つーかwoodyのaptitudeだとVersion2系だけだったのでどのみち3をソースからビルドしないといけない罠。公式ページにはバイナリもあったけど玄箱で動くのか知らんかったので一応ソースを落としてきた。

READMEの通りに

#tar --zxvf sqlite-3.3.11.tar.gz
#mkdir bld
#cd bld
#../sqlite-3.3.11/configure
#make
#make install

特にエラーも出ず終了。
/usr/local/binにインストールされた。PATHが通って無かったがフルパスで起動。しかし使い方わかんね。適当にキー押した挙句プロンプトが変わり終了すらできなく・・・CTRL+Zで終了させた。

次はsqlite3起動後すぐに .help でコマンドを確認。テーブル名一覧を出すのは .tables だ。

sqlite> .tables
mt_author        mt_entry         mt_objecttag     mt_tag
mt_blog          mt_fileinfo      mt_permission    mt_tbping
mt_category      mt_ipbanlist     mt_placement     mt_template
mt_comment       mt_log           mt_plugindata    mt_templatemap
mt_config        mt_notification  mt_session       mt_trackback

ちょ、多いな。ためしにselectやってみる。

sqlite> select * from mt_author;
1||||******@******||・・・・・・・・・[・1.0|*********|jklraid|fj4tCE8Js4UnM|ja||||1||2006-02-25 02:30:37||2006-10-07 04:11:39|

カラム名が出ないのが気になるが設定次第でどうにかなるのかな。文字化けしてるのはコンソールと入力文字列の文字コードが違うからだろう。*は隠してるだけだからキニシナイ

とりあえず環境は揃ったってことでまたこんど・・・

Sponsored Link

シェアする

フォローする