画面共有時に自動的に通知をオフにする Mac アプリ muzzle

シェアする

Skype や appear.in のようなビデオ会議や Twitch、ニコ生のようなストリーミングサービスでデスクトップ画面を共有する際に気をつけたい事の一つに「通知」がある。メールや SNS の通知はプライベートな内容が含まれる事もある為、ついそのような通知が画面上に映ってしまい他人に知られるような事があっては困る。

デスクトップ上の画面共有で利用する範囲の指定を考える事はもちろん、通知も映らないように気をつけたいところだ。

もし Mac で画面共有するのであれば Muzzle というアプリを利用する事で画面共有時に通知を自動的にオフに、不意に通知が共有画面に映る事を防いでくれる。

Mac App Store には公開されていないので上記 Web サイトよりダウンロードしよう。

このアプリを起動中であれば画面共有時に通知が自動的に Do Not Disturb がオンになる。

特に動作に関しては設定等は無い。macOS 起動時に自動的に立ち上がるかどうかを選べるぐらいか。

ちなみに設定欄にある「Mach Override」は押しても画面上に「Done」と表示されるだけなので殆ど意味がないボタンのようだ。

macOS で画面共有を利用したいが通知は表示させたくないという場合に便利だ。

Sponsored Link

シェアする

フォローする