Twitter や Facebook 等 Web サイトに多重ログインする為の Chrome 拡張機能 SessionBox

シェアする

Twitter や Facebook, Google といった Web サービスをヘビーに利用していると、複数のアカウントでログインしたい場面が出て来る事がある。通常こういった Web サイトは同時に複数のアカウントを利用する事を想定していない事が多く、ログインの際には複数の Web ブラウザを併用したりプライベートモードでブラウザを起動する必要がある。

Google Chrome を利用しているのであれば SessionBox という拡張機能を利用する事で簡単に複数アカウントで Web サービスにログインできるようになる。

この拡張機能を利用すると以下のように複数のアカウントで同時にログインできるようになる。

タブを変更すると Twitter へログインしているアカウントが違うのがわかるだろう。

多重ログインの方法も簡単に紹介しよう。

この拡張機能を入れるとツールバー上に立方体のようなアイコンが表示される。多重ログインしたい Web サイトでアイコンをクリックすると以下のようなメニューが表示される。

ここでは Twitter を例としよう。プラスマークの New Session ボタンをクリックと以下のように Twitter のログイン前の画面とセッション名を指定するダイアログが出る。セッション名はなんでも良いがわかりやすいものを付けると良い。

セッション名を決めたら多重ログインしたいアカウントで Twitter へログインしよう。

これで新たなアカウントでログインできた。タブに表示されている Twitter のファビコン左上に SessionBox を利用している事を示すドットがついているのがわかるだろう。

あとは多重ログインしたい時にツールバーのメニューからセッションを選ぶだけで自動的にログインできる。

このセッションは他のコンピュータでも同期して利用できる他人と共有する事もできるようだ。SNS のアカウントを複数人で利用する、といった場合にも良さそうだ。

Web サービスへ複数のアカウントでログインしたいのであればこの拡張機能を試してみると良いだろう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする