Android 端末のストレージを管理し空き領域を増やすアプリ ES Disk Analyzer

シェアする

スマートトフォンにかぎらずコンピュータというものは日が経つにつれストレージ容量が少なくなっていきます。画像や動画、音楽、ドキュメントなど様々なファイルを保存するのはもちろん、アプリケーションがその動作の為にデータをダウンロードしたりキャッシュを作る為、気がついたらストレージの容量が無くなってしまう可能性もあります。

ストレージの空き領域を増やす為にはどのファイルがどのくらいデータを利用しているのかを把握しておく必要があります。Android を利用しているのであれば設定よりどのアプリがどのくらい利用しているのか、画像や動画は全体でどのくらいの容量があるのかを確認する事ができます。

Android の空き容量が足りない時に試す事 (Android 6/7 向け)
スマートフォンの内蔵ストレージの容量は年々増えてきています。以前よりもストレージに余裕があり困る事は少なくなっていると思い...

より細かく、どのファイルが重いのか、重複ファイルが無いか、などを確認したい場合は ES Disk Analyzer のようなアプリを利用すると良いでしょう。

このアプリを利用する事で冗長であったり不要なファイルをまとめて削除したり、サイズの大きなファイルや新たに生成されたファイルを検索する事ができます。

アプリを起動するとこのような感じに上から「Redundant files(冗長ファイル)」「Large files(サイズの大きなファイル)」「Image compression(画像の圧縮)」「Cache files(キャッシュファイル)」「New files(新しいファイル)」「All partitions(全てのパーテーション)」といった感じに並んで表示されます。

一番上の「Redundant files」にはストレージ内で画像や音楽などがどのぐらいの割合で保存されているのかが表示されると共に「Clean Up」ボタンが現れます。上記 SS は Clean Up 後の表示だが 128 個のファイルが掃除されたようだ。が、アプリを再度起動したらまた60個程ファイルが出てきたので別に無視してもいいんじゃないかという気がします。

ストレージの空き容量が少ないのであれば Large files や Cache files からファイルを削除すると良さそうです。画像の圧縮も行うとファイルサイズを削減できますが、それよりは Google Photos にアップロードしてバックアップを取り古いものを端末から削除したほうが良いと思います。

Android のストレージをより細かく管理したいという場合に試してみると良さそうです。

Sponsored Link

シェアする

フォローする