WordPress のページ一覧を表示するショートコードを提供するプラグイン Page-list

シェアする

WordPress では記事の他に固定ページを書く事ができる。記事と違い一覧ページや FEED などに表示されず、自分でメニューやサイドバーなどで表示するよう指定する必要がある。なのでページを大量に作りたいという場合にはリンクを記述/設定するのが面倒だ。

Page-list プラグインを利用すると、ショートコードを用いてページの一覧や、子ページの一覧などを手軽に記事や固定ページ内に出力する事ができるようになる。

このプラグインを利用すると以下の4つのショートコードを使えるようになる。

[pagelist] 固定ページの一覧をツリー状に表示
[subpages] 現在のページのサブページを表示
[sublings] 現在のページと同一階層にあるページを表示
[pagelist_ext] 固定ページの一覧を画像と抜粋付きで表示

例えば pagelist を表示すると以下のようにタイトルのみの一覧を表示してくれる。

これらショートコードには以下の引数を利用して表示する項目を細かく制御できる。

depth 指定した数字の階層まで表示する
child_of 指定したページ ID のサブページを表示する
exclude 指定したページ ID を除外する
exclude_tree 指定したページ ID とそのサブページを除外する
include 指定したページ ID を含める
title_li ページリストのヘッダーをカスタマイズ
authors 指定したユーザーのページを表示
number 指定した数のページを表示
offset 一覧にオフセットを指定
post_type post_type を指定
meta_key/meta_value 指定した Custom Field Key/Value のページを表示
show_data 作成日時もしくは編集日時を表示
data_format show_date 時の書式を指定
sort_column/sort_order 並び順の指定
link_before/link_after リンクの前後に指定した文字列を挿入する
class css の class を指定[

固定ページを多様するのであれば使ってみると便利かもしれない。

Sponsored Link

シェアする

フォローする