Windows のマウス・キーボード入力を一時的に無効化するフリーソフト DeInput

シェアする

コンピュータを起動中にふとキーボードやマウスを掃除したくなった事は無いだろうか。しかし、電源を入れた状態でキーボードの掃除を行うと間違えてキーを押してしまう事があるし、掃除の為だけに電源をオフにするのは面倒くさい。

そういった場合は DeInput というキーボードやマウスを一時的に無効化するソフトを利用すると便利だ。

このソフトウェアを起動すると以下のように画面全体が暗くなり、キーボードとマウスが使えなくなる。

終了する際には以下の3種類のドレかを実行する必要がある。

  • スペースキーを押して exit と入力する
  • Ctrl+Alt+Shift+マウス左クリック
  • マウス左クリック50回

これらの操作はかなり意識してやらないと実行できない為、不意に終了する事は無いだろう。

DeInput を起動した状態で以下の3種類のどれかを実行すると設定画面が表示される。

  • スペースキーを押して set と入力する
  • Ctrl+Alt+Shift+マウス右クリック
  • マウス右クリック50回

設定画面では不透明度や背景画像を指定したり、メッセージを非表示にする秒数やモニタの電源をオフにする時間、マウスカーソルの表示/非表示、メッセージの位置などを設定可能だ。

キーボードやマウスの掃除以外にも、離席中のペットや小さい子供のいたずら対策にも使えるようだ。

キーボードやマウスを一時的に無効化したいという場合には使ってみると良いだろう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする