WordPress 内での活動履歴を見る為のプラグイン Simple History

シェアする

WordPress を複数人で運営している際、管理者は誰がどのような行動をとったのかを把握しておく必要があります。運営しているチームなどにもよりますが、あまり好き勝手やられると困る事もありますからね。

WordPress 内で誰が何を実行したのかを把握する為には Simple History というプラグインを利用すると良いでしょう。

このプラグインを利用する事でダッシュボードより以下の行動を履歴で確認する事ができるようになります。

  • 投稿とページの追加、更新、削除
  • 添付ファイルの追加、更新、削除
  • Taxonomies(タグ、カテゴリー等)の追加、更新、削除
  • コメントの追加、承認、削除
  • ウィジェットの追加、更新、削除
  • プラグインの有効、無効
  • プロフィールの追加、更新、削除
  • ユーザーのログイン、ログアウト
  • ログイン失敗
  • メニューの編集

また、以下の対応するプラグインの履歴も取れます。

User Switching
Enable Media Replace
Limit Login Attempts
Redirection
Duplicate Post

履歴の見た目はこんな感じ。

期間指定できる他、語句による検索やログレベルやユーザーなどによるフィルターも可能です。

履歴は RSS で取得する事も可能なので、Wordpress にログインせずとも feedly 等 RSS リーダーで確認できます。

複数人で WordPress サイトを運営するのであれば入れておくと良いかもしれませんね。

Sponsored Link

シェアする

フォローする