Windows 10 のアップデート時の自動再起動に関する設定を変更する

シェアする

Windows 10 Creators Update により Windows アップデート時の自動再起動に関する機能について、いくつか変更された点がある。勝手に再起動されて作業中のデータが消えてしまうなんて事があったら困る、それぞれ確認していこう。

Sponsored Links

アクティブ時間の指定が18時間までに変更

一つはアクティブ時間が18時間まで指定できるようになった。指定した時間内であればアップデートがきても自動的に再起動する事は無い。

アクティブ時間の設定を行うには、Windows の「設定」にある「更新とセキュリティ」を開き、「アクティブ時間の変更」をクリックする。

アクティブ時間の開始と終了をそれぞれ指定可能だ。

再起動時に通知を表示する

再起動時に通知を表示する為のオプションも追加された。コンピュータを利用中の突然の再起動を防ぐ事ができる。

再起動時の通知を表示するには上記アクティブ時間の変更と同様に Windows の「設定」にある「更新とセキュリティ」を開き、「再起動のオプション」へアクセスする。

そうすると「追加の通知を表示」という項目があるので、スイッチを「オン」にする。これで再起動時に通知が表示される。

Sponsored Link

シェアする

フォローする