Windows 10 で不要なファイルを削除し空き容量を増やす

シェアする

Windows 10 Creators Update からはストレージセンサーと呼ばれる、一時ファイルやゴミ箱内のファイルといった不要なファイルを削除して空き容量を増やす機能が追加された。最近はストレージに SSD を採用した影響で容量が少ないコンピュータを利用している人も多いだろうと思うので、こういう機能はありがたい。

Sponsored Links

Windows 10 ストレージセンサーの使い方

スタートメニューより「設定」->「システム」を開き、左側のメニューより「ストレージ」をクリックすると以下のようにコンピュータに接続しているストレージの使用状況が表示される。

この画面の中ほどにある「ストレージセンサー」のスイッチをオンにする事でストレージセンサーが有効となり、不要なファイルが自動的に削除されるようになる。

より詳細な設定を行う場合にはその下にある「空き領域を増やす方法を変更する」を開く。

以下の2つの項目についてそれぞれ機能をオン/オフ可能だ。

  • マイアプリで使用されていない一時ファイルを削除します
  • 30日間以上ごみ箱にあったファイルを削除します

基本的には両方オンで問題ないだろう。

また、今すぐストレージの空き領域を増やす場合には「今すぐクリーンアップ」ボタンを押す事で即座に不要なファイルが削除される。

無駄なファイルは削除してストレージの容量は常に余裕を持っておきたいものだ。

Sponsored Link

シェアする

フォローする