Windows 10 Creators Update で追加された Microsoft Edge の新機能を見る

シェアする

Windows 10 Creators Update で Microsoft Edge にも様々な新機能が追加された。アップデートの内容を実際に確認してみよう。

Sponsored Links

タブのストック機能

タブを一時的に保存し、後で開き直す事ができるようになった。

ウインドウ左上にある「表示中のタブを保存して閉じる」を押すと現在表示しているタブを全て専用の場所に保存しつつ閉じる。ピン留めしてあるタブは保存されない。

一度保存したタブはタブストック時のアイコンの左側にあるボタンより表示され、選択する事で再度そのタブを開き直す事ができる。

「タブの復元」を押せばストックしたものを全て開き直す事もできる。

今は不要だがブックマークに保存する程ではなく、近い将来すぐ開くだろう Web ページを一時的に保存するといった場合に良さそうだ。他のブラウザではあまり見ない機能だが使いこなせば便利かもしれない。

タブのプレビュー表示

タブ一覧の右側にある矢印ボタンを押すとタブのプレビューを表示するようになった。

Web ページのスクリーンショットでタブを選択できる。

お気に入りのインポート・エクスポート機能の強化

Microsoft Edge で HTML 形式のお気に入りをインポート/エクスポートできるようになった。お気に入りだけでなく、閲覧履歴やパスワードのインポートも可能となったようだ。

インポートとエクスポートは Microsoft Edge の設定欄から利用できる。

ウインドウ右上の「・・・」アイコンより「設定」を開くと「お気に入りとその他の情報のインポート」という項目があり、「別のブラウザーからインポートする」というボタンが現れる。それを開くと以下のように他のブラウザからインポートするメニューが表示される。

この項目の下に「ファイルをインポートまたはエクスポートする」という項目があり、ここから HTML ファイル形式によるお気に入りの読み込みと出力が可能となる。

他のブラウザから移行する際に利用できるだろう。

EPUB 形式の電子書籍の閲覧・読み上げ

epub 形式の電子書籍の閲覧と読み上げができるようになった。

epub ファイルを開くには単にエクスプローラーなどから epub ファイルをダブルクリックするなどして Edge で開くと表示される。

開いた状態で画面をクリックするとウインドウ上部に黒帯のツールバーと下部にページの進み具合が表示される。

左上から目次・ブックマーク一覧・検索、右側に移動し文字の大きさ、音声読み上げ、ブックマーク、となる。

音声読み上げでは複数の音声から選択して再生したり、再生速度を調節する事も可能だ。

タスクバーから InPrivate ウインドウが開けるように

タスクバーを右クリックした際のメニューに「新しい InPrivate ウインドウ」が追加され、即座にプライベートモードでウインドウを開く事ができるようになった。

信頼できない Flash コンテンツが既定で無効に

信頼できない Flash の実行がブロックされるようになった。

Flash を実行するには明示的に許可する必要がある。

まとめ

機能が少なく拡張機能の数もわずかで正直言って常用するに値しないブラウザであったが、確実に進化してきている。今後に期待したい。

ところで自分の Microsoft Edge では未だに Google 日本語入力機能が利用できない。これはどうにかならないのだろうか・・・

Sponsored Link

シェアする

フォローする