Android でデータ通信量をわかりやすく見るアプリ GlassWire

シェアする

スマートフォンなどでデータ通信を行う際、定められた通信量をオーバーしてしまうと通信制限となり、以降のデータ通信が非常に遅くなってしまう事があります。キャリアや契約者にもよりますが 3GB から 10GB ぐらいでしょうか。

通信量をオーバーさせない為には自分のスマートフォンでどのアプリがどのくらい通信を行っているのかを把握しておく必要があります。

OS 標準機能でもある程度は確認する事ができますが、GlassWire というアプリを利用すると Android スマートフォンで行った通信を記録し、何時ドレだけの通信を行ったのか、どのアプリが大量に通信を行っているのか、をよりわかりやすく表示する事ができます。

このアプリを起動しておくだけでどのアプリがデータ通信を行っているのかを逐一記録してくれるようになります。

このような感じで指定した期間の中で通信量をグラフにして表示すると共に、どのアプリがどれだけ通信を行ったのかを一覧で表示してくれます。

期間は5分,1時間,3時間,1日,7日,30日,90日から指定可能です。

折れ線グラフだけでなく、一日や一ヶ月の合計の通信量を表示する場所もあります。

Wi-Fi と携帯回線が分かれているのはもちろん、アップロードとダウンロード双方の通信量が見られるのは良いですね。

予め使用できるデータ通信量が決まっているのであれば、それを指定する事で通知してくれます。

また、新しくアプリが通信を始めたらそれを通知、記録してくれたりもします。

スマートフォン利用者にとってデータ通信量の制限は多くの人が悩むところです。自分がドレだけ利用しているのかはしっかり把握しておきたいですね。

Sponsored Link

シェアする

フォローする