macOS でウインドウの整列を行う為のアプリ Magnet

シェアする

Windows にあって macOS に無い機能の1つにウインドウのスナップがあります。ウインドウを画面端までドラッグする事で左右分割や画面を4分割した四隅に綺麗に配置する事が可能です。複数のウインドウを同時に利用する際に大変便利です。

macOS でも同等の機能を実現するのであれば Magnet というアプリを利用すると良いでしょう。Windows のウインドウスナップ機能と使用感ほぼ同じでショートカットキーも豊富な為キーボード派にもオススメできます。

使い方は簡単、ウインドウをドラッグしつつ画面の上下左右もしくは四隅へ移動するだけです。

画面端へドラッグするとこんな感じにリサイズ後のウインドウ位置とサイズがわかりやすく表示されます。

動画を見るとよりわかりやすいでしょう。

整列は上下左右二分割、右上/右下/左上/左下、の4分割、左右1/3及び2/3、最大化と画面中央、の15種類です。全てショートカットキーが割り当てられています。

メニューバー上にも常駐し、整列方法を選択したりショートカットキーを確認できます。

ショートカットキーは control-option を使用したものとなっている為、他のアプリケーションのものとは被りにくいかと思います。設定欄より好きなように変更する事もできます。

macOS では仮想デスクトップ機能が標準で搭載されており、画面の左右へウインドウをドラッグする事でそのウインドウを移動する事ができますが、画面端へドラッグし続ける事で仮想デスクトップ間で移動可能となっており、 Magnet ともちゃんと併用できるようになっています。

とくにディスプレイの大きな iMac や外部ディスプレイに接続した際など役に立つ事でしょう。有料のアプリですがその価値はあります。

Sponsored Link

シェアする

フォローする