Anker PowerLine USB-C & USB 3.0 ケーブルを購入した

シェアする

使っていた Anker の Micro USB - USB-C 変換コネクタが一個無くなったのと、変換コネクタの接触が甘い感じがしたので普通の USB TYPE-C ケーブルを購入する事にした。

購入したのは Anker の PowerLine USB-C & USB 3.0 ケーブル。長さは90cm, 3ft との表記もされているあたりアメリカの会社だなぁという感じだ。Made in China だけど。

USB Type-C プラグはリバーシブル仕様となっている為上下を気にする事なく接続できるのが良い。が、現状 Micro-USB と混在しているので早く Type-C に統一したいところだ。

物が届いてから PowerLine+ じゃない事に気づいたけど充電自体は普通にできるからまあいいや。

折角なので両方の比較に写真を撮ってみた。

赤いほうが PowerLine+, 黒いのが今回買った PowerLine だ。両者の違いだが、恐らく外装の素材の変化による強度ぐらいだろう。

PowerLine+ は 外装には丈夫なナイロン素材を使用し、ケブラー繊維とレーザー溶接されたコネクタを内部に採用 と書いてあり PowerLine のほうは ケブラー繊維を内部に採用し、一般的なケーブルより5倍以上長持ちします とある。PowerLine+ のほうが強そうに書かれている。名前も + がついているし。

それ以外は 高速充電&同期 など同じ事が書かれているので、見た目の好みで選んでも良いのではないかという気がする。

何にせよ、ちゃんと充電できれば自分的には問題ない。

Sponsored Link

シェアする

フォローする