GMail や Slack, Skype 等メール/チャット系サービスを一括管理するマルチプラットフォーム対応アプリ Rambox

シェアする

様々な人と連絡を取ったり会話をするのに、相手に応じて Web サービスを使い分ける事は多いだろうと思う。自分もメールは GMail を利用しているが連絡を取るのは Twitter や Skype の他、最近は Discord を使う事が多い。海外の友人知人とのやりとりは Facebook Messenger だし仕事によっては Slack を使う事もある。

そういった様々な Web サービスはそれぞれアプリをリリースしている事もあるが、何でもかんでもインストール、常時起動しておくのは結構邪魔だ。なのでそういったメッセンジャー系アプリやSNS等をひとまとめにするアプリというものが存在する。

今回紹介する Rambox もそのうちの一つだ。

このソフトウェアは Windows/Mac/Linux とどのプラットフォームでも動作する事ができる。自分のように Windows/Mac を併用する際に使用感を統一できるのは大きいし、人に勧める際にも OS を気にする必要がない。

対応している Web サービスの中でも日本人がよく利用しそうなのは以下のような感じか。有名所はサポートされているようだ。

  • GMail
  • Inbox
  • Yahoo! Mail
  • iCloud Mail
  • Outlook
  • TweetDeck
  • HootSuite
  • Hangouts
  • LinkedIn Messaging
  • Facebook Messenger
  • Skype
  • Discord
  • Slack
  • Chatwork

基本的には Web ページを表示しているだけっぽいので、Web サイトによっては「アプリをダウンロード」ボタンなどが表示される事もある。

そして、カスタムサービスを追加する事もできる。

例えば以下のような感じで WordPress を追加すれば自分のブログをアプリっぽく利用できる。

基本的な機能としては以下のようなものがある。

  • アプリ自体のパスワードロック
  • 通知
  • 通知の無効化
  • タブの並び替えとグルーピング
  • システムトレイへの格納
  • システム起動時に自動的に起動
  • カスタムコードの追加
  • プロキシの使用
  • 複数デバイス間での設定項目の同期

一々個別にアプリを立ち上げる必要が無いし、通知の有無を一括で管理できるというのは思いの外便利だ。これらの Web サービスを複数同時に利用するのであれば良い選択だろうと思う。

Sponsored Link

シェアする

フォローする