WordPress で一時的なユーザを作成するプラグイン Temporary Login Without Password

シェアする

Web サイトの運用方法によっては、記事を公開する前に表示やコンテンツを確認してもらいたい、一定期間だけ寄稿者となって記事を書いてもらいたい、といった感じに一時的にログインしてもらいたい場合があると思う。こういった少しの間しか使わない人の為にユーザアカウントを作成するのは結構面倒な事もある。

WordPress であれば Temporary Login Without Password のようなプラグインを利用する事でパスワードを必要としない一時的なユーザを作成する事ができる。

使い方は簡単、管理画面のユーザ欄にある "Temporary Logins" より "Create New" を押してユーザを作成するだけだ。

wordpress-temporary-login-without-password-add-user

メールアドレスは必須だがそれ以外はデフォルトで大丈夫のようだ。Role とユーザの使用期限はちゃんと決めたほうが良いと思うけど。今回は一時間限定の寄稿者ユーザを作成してみた。寄稿者なら仮に悪用されても勝手に公開されたり削除されるといった事はないだろう。

wordpress-temporary-login-without-password-user-added

作成したユーザでログインするには作成後に表示される URL へアクセスするだけでOKだ。間違えてこの画面を閉じてしまっても再度一覧画面を表示し、該当ユーザの欄の一番右にあるリンクマークを押すとログイン用の URL をコピーできる。

wordpress-temporary-login-without-password-user-login

さっそくログインしてみた。寄稿者アカウントなのでアクセスできるメニューが限られているのがわかるだろう。使用できる時間が経過したらユーザ一覧画面上では「Expired」と表示され、ログインURLへアクセスした際には単に Web サイトのトップページへリダイレクトされる。

個人的なブログなどでは使うことは無いかもしれないが、仕事で作成するような Web サイトだと覚えておくと便利になるだろう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする