世界遺産のカッパドキアへ行ってきた

シェアする

DSC02282

今回の旅行の一番の目的であるカッパドキアを見る為、アンカラから拠点となる町ギョレメへバスに乗った。

カッパドキアは地図を見ての通りほぼ真ん中にある。内陸にあるので1日の中での寒暖の差が激しく、早朝にある熱気球ツアーの際はかなり寒さを感じた。

Sponsored Links

カッパドキアへのアクセス

カッパドキアは前述の通りアナトリア半島の中心部に位置している為、イスタンブールやアンカラといった都市やパムッカレ等他の有名な観光地からは結構距離が離れている。なので日程に余裕が無い場合は飛行機を利用すると良いだろう。

カッパドキアへ飛行機で行く場合にはネヴシェヒル空港もしくはカイセリ国際空港を利用する事になる。イスタンブールからは1時間半といったところか。

もちろん長距離バスで行く事もできるがイスタンブールからだと12時間、アンカラからでも6時間と結構距離がある。時間に余裕がある場合はバスも良いだろうね。

自分はアンカラよりバスで移動した。イスタンブール-アンカラ間と同様に個別モニタ付きにドリンクや軽食のサービスがあり、快適に過ごす事ができた。

カッパドキアのどこに宿を取るか

DSC02338

カッパドキアを旅行する際、拠点となる町がギョレメ、ユルギュップ、アヴァノス等いくつかあるのでどこに宿をとるべきか迷ってしまうだろう。自分も最初はどこにすれば良いのか迷ってしまった。

が、特にこだわりが無ければギョレメで問題ないだろうと思う。理由は単純に、ギョレメの町がカッパドキアのほぼ中心部に位置しているからだ。

とくに自分のようにバックパッカースタイルで旅行し、ツアーをあまり使わず自分の足で歩いたり自転車をレンタルして行動する人にとってはこの立地は最高だろう。それにギョレメには安宿も多い。

自分が泊まったのは以下のウィスパーケイブハウスというゲストハウスだ。

Wifi は早く朝食付きでバルコニーからの眺めが良く、何より猫が人懐っこいのが気に入った。

DSC02089

バルコニーにいくと猫が寄ってくる環境は最高である。

DSC02107

ちょっとわかりにくいところにあるのが難点なぐらいか。

カッパドキア散策

ギョレメについたのは夜であった為、翌日より周辺を散策する事にした。

DSC02180

地図を見た感じ徒歩でいくには広すぎるので野外博物館に行く際には自転車を借りた。9月はまだ暑く体力を消耗する上に一部の道は石畳になっているため結構漕ぎにくかったので素直にバイクやツアーを利用したほうが良いかもしれない。

ギョレメの町

DSC02235

ギョレメの町はカッパドキア観光の中心部に位置しており、町中にも奇形の岩があったりする。

DSC02227

町の周囲は岩山で囲まれており、町中を歩いているだけでもカッパドキアの雰囲気を存分に味わうことができる。

DSC02233

ゲストハウスもそうだったが町中には猫が多く、猫好きにも良い町だ。

DSC02256

この羊たちはやはり食料になるのだろうか。

ギョレメ・サンセットポイント

DSC02244

ギョレメの中心から南東に15分程歩いたところにある丘はサンセットポイントとなっており、景色がとても良い。

DSC02247

町の中心部もしっかり見る事ができる。

DSC02242

町だけでなく、周囲の景色を楽しむ事ができる。

DSC02241

人気スポットらしく、人も多い。というかカップルばっかだ。リア充め。

DSC02238

カップルだけでなく結婚用の写真を撮っている人達もいた。きっと良い写真が撮れている事だと思う。

DSC02251

サンセットポイントにはカフェもある為、疲れたりのんびりしたいときにも良いね。

ギョレメ屋外博物館

ギョレメの中心部より東へ進んだところにあるのがギョレメ屋外博物館だ。自転車で行ったのだが石畳の坂がかなり辛かった・・・一応バスもあるのでそのほうが疲れなくて良い、んだけど一時間に一本なので待つの嫌だなぁという感じ。

DSC02124

途中にはラクダに乗れる場所がある。写真撮影も有料なのでお断りしたが他人が乗ってるのを撮る分には別にいいらしい。

DSC02125

この野外博物館ではギョレメの奇形岩をくり抜いて作成された洞窟の中に入る事ができる。

DSC02128

岩を削るというのはなかなか骨が折れそうな作業である。よく昔の人はこのようなところに住もうと思ったものだ。とくに教会には様々な壁画が描かれており一見の価値有りだ。残念ながら撮影禁止と言われてしまったので写真は無いのだが。

ゼルヴェ屋外博物館

ギョレメ屋外博物館の後はゼルヴェ屋外博物館に行く事にした。

DSC02138

ギョレメの町から自転車で30分ほど走ったところにある。石畳ではなくアスファルトで舗装されている為走りやすかったが、やはり暑い中自転車で行くのは結構たいへんであった。こちらもバスが一時間に一本出ている。

DSC02143

走ってる途中に気軽に止まれるのは自転車の利点だね。ゼルヴェ野外博物館へ行く途中には奇形岩が固まっているパシャバーと呼ばれているポイントがあり、お土産屋や軽食屋などもあり休憩地点のようになっていた。

DSC02155

あまりにも暑い上にご飯を食べるタイミングを見失った為にアイスを食べて糖分を補給した。

DSC02147

岩の根本から見る事ができる。でかい。

DSC02146

保護色になっていてわかりにくいが周囲にはトカゲが多く生息していた。

DSC02158

奇形岩群を囲んでいる周囲の丘に登る事もできる。休憩のつもりが余計に体力を使ってしまった気がする。

DSC02164

ここからさらに10分程走ったところにゼルヴェ屋外博物館がある。

DSC02169

屋外博物館となっている地域はゼルヴェの谷と呼ばれ、中世のキリスト教徒による住居群がある。入場料を払って中に入ると谷っぽくなっているのがわかるだろう。

DSC02173

やはりここも岩山をくり抜いて住居を作成している為穴ぼこだらけになっている。

DSC02176

こんな感じに穴があいているとほんとに住居っぽく見える。

DSC02166

もちろん奇形の岩も沢山ある。

DSC02174

谷の奥からの風景はこんな感じ。

DSC02179

谷をぐるっと周ってお腹すいてきたが自転車に乗るのに重い物はちょっと・・・と思ったのでギョズレメと呼ばれるトルコ式のパンケーキを食べる事にした。なぜか一つ頼んだら二人分出てきた。

ATV(4輪バギー)サンセットツアー

ゼルヴェ屋外博物館からギョレメの町へ戻った後はそのままレンタルバイク屋で ATV サンセットツアーへ参加する事にした。これはカッパドキアの大地を ATV と呼ばれる四輪バギーを参加者自らが運転し走り抜けるというワイルドなツアーだ。

DSC02216

ATV というのは上記写真の黄色い乗り物でハンドルはバイクのような形状だが操作方法は結構違いがある。といってもハンドルとアクセル、ブレーキ以外の操作はしなくて良いと言われた為、ゴーカートに乗るような感覚で操縦できる。

DSC02183

砂埃が激しい為、マスクを貰えるのだが目の保護はできない為大きめのサングラスやゴーグルが欲しいところであった。

DSC02187

自分が参加したツアーは参加者三人だったのだが、ATV ツアーで周るコースはツアー会社が違っても殆ど同じようで結果的にこんな感じに大勢で集まる事もあった。

DSC02185

道はほぼ全てオフロードで起伏が激しいところもあるが四輪バギーのパワーがあればどこにでも行けるのではないかという錯覚に陥る。GoPro などのアクションカムで撮ると面白そうだ。

DSC02200

ツアーではギョレメの町から北東のローズバレー方面を経由し、ラブバレーを周り、サンセットポイントまで進む。

DSC02207

夕日が眩しい。

DSC02210

人気のポイントらしく人も多い。殆どが ATV のツアーかな、バギーが沢山止まっていた。

DSC02205

サンセットポイントから見るローズバレーはとても綺麗であった。

DSC02218

この日の夕食はカッパドキアの郷土料理らしいものを頼んだ。美味い。

バルーンフライト(熱気球ツアー)

ATV ツアーの翌日は疲れを取る為に1日休む事とし、カッパドキア最終日の早朝に熱気球ツアーへ行く事にした。ホテルに来るピックアップが四時四〇分と早く、朝に弱い自分にとっては厳しいツアーであったががんばって起きた。

DSC02268

自分が参加したツアーはゲストハウスのスタッフにオススメされたイスタンブールバルーンという会社のもので、参加費100ユーロで朝食にツアー後のシャンパンもついている。

DSC02334

一つの熱気球にはドライバーもあわせて12-15人程度乗る事ができるようだ。

DSC02282

熱気球ツアーの会社は複数ある為、他社の気球も沢山見る事ができる。それぞれ柄が違う為カラフルだ。

DSC02331

DSC02323

上空からの景色は最高である。

DSC02289

町を真上から見下ろすってなかなかできない事だと思うのだが、熱気球なら可能だ。

DSC02298

谷は真上から見ると底が見えなくて怖い。

DSC02318

岩の形が良くて影がハートになるんだぜってガイドにいわれた場所。惜しい。

DSC02320

バルーンと朝日の組み合わせ。撮るのが難しいがこれぞカッパドキアという感じだ。

DSC02303

参加して本当に良かったと思えるツアーである。

DSC02337

ツアー後のシャンパンは美味しい。

カッパドキアの次はパムッカレへ

カッパドキアには上記以外にも見どころが沢山ありこの短期間では全てを周る事はできないがあまり急ぐのは好きではないし、熱気球に乗ったらだいぶ満足してしまった。

この後は夜行バスでパムッカレに行く事にした。

続く。

世界遺産のヒエラポリス・パムッカレへ行ってきた
カッパドキアを一通り楽しんだ後はトルコにあるまた別の世界遺産であるヒエラポリス・パムッカレへ行ってきた。 ヒエラポリ...
Sponsored Link

シェアする

フォローする