Atom のツリービューをファイラーみたいに表示する tree-view-finder パッケージ

シェアする

Atom ではエディタの左側にプロジェクト内のファイルをツリービューで表示する機能があります。標準機能なので多くの人が使っていると思います。

このツリービューはシンプルでファイル名を表示するだけなので機能的には物足りないかもしれません。もしもうちょっと高機能なツリービューが良い場合は tree-view-finder というパッケージを利用する事でサイズや日付を表示する事ができるようになります。

このパッケージを入れ、tree-view-finder を起動すると以下のようにファイラーの詳細一覧画面のような見た目でツリービューが表示されます。

atom-tree-view-finder

もちろん各カラム毎に並び替えして表示できます。

カラムのサイズ調節がない為ツリービューが横長になりますが、画面全体を利用して表示する事もできますし、キーボードショートカットもあるので必要な時だけ表示するという事も可能です。

キーボードショートカットは標準では ctrl-alt-o となっています。

ツリービューをより良くしたいと思った場合にはためしてみると良いかもしれません。

Sponsored Link

シェアする

フォローする