Twitter の不要な連携アプリを解除する

シェアする

Twitter はサードパーティに API を開放しており、様々な関連アプリを利用する事ができます。しかし、中にはユーザの望まないツイートやフォローを勝手に行う等、問題のあるアプリも存在しています。

twitter-fucking-spam-apps

例えば以下のようなツイートですね。あるアプリの宣伝なんですがユーザの意図しないツイートとなっています。

自分の Twitter アカウントで見に覚えの無いツイートやリツイート、フォロー等の不自然な動きがあった場合には、連携アプリの設定を見直すと良いです。

Sponsored Links

Twitter の連携アプリとは?

Twitter クライアントや Twitter と連携を行う Web サイト等に接続した際に以下のような画面を見たことがある人がいると思います。

twitter-oauth-page

基本的に Twitter と連携するアプリは上記の画面を必ず介す事になります。上記の場合は Hootsuite ですが、「ツイートを見る」、「フォローする」、「プロフィールを更新する」、「ツイートする」、「ダイレクトメッセージを見る」、「メールアドレスを見る」といった事が可能になりますが、「パスワードを見る」事は出来ません。

Twitter の連携アプリを利用する際に Twitter で何の動作を許可するか、はまず開発者がアプリの登録時に Twitter に「何を行うのか」の登録を行い、ユーザが上記の内容に同意をする必要があります。といっても Twitter アプリは誰でも自由に開発できるのでユーザが気をつける他ありません。

Twitter の不要な連携アプリを解除する方法

Twitter の不要な連携アプリを解除するには Twitter の設定画面から可能です。

まず Twitter へ接続し、右上の自分のアイコンから「設定」を開きます。

twitter-menu

次に、左側のメニューの下のほうにある「アプリ連携」を開きます。

twitter-menu-app-connect

連携を解除したいアプリを探し、「許可を取り消す」ボタンを押します。

twitter-menu-app-disconnect-button

ここを押すだけでこの Twitter 連携アプリが利用できなくなります。

再度使いたい場合には「許可の取り消しを求める」ボタンを押します。

twitter-menu-app-disconnected

Twitter で不自然な動きをしている時だけでなく、定期的にチェックして使わないものはどんどん解除していく事をオススメします。

Sponsored Link

シェアする

フォローする