Windows 10 Anniversary Update でダークモードが標準で使えるようになった

シェアする

Windows 10 では以前より隠し機能のような扱いでウインドウ等の画面を黒くする通称ダークモードもしくはダークテーマと呼ばれる機能があります。これを有効にするにはレジストリをいじらなければならず、面倒くさいものでした。

Windows 10 に黒いテーマを適応する
Windows 10 では設定画面などは白い背景が標準となっていますが、これを黒くする方法があります。見た目が変わるだけでとくにメリットは...

が、Windows 10 Anniversary Update により設定画面から簡単に切り替えを行うことができるようになりました。

Sponsored Links

Windows 10 でダークモードを有効/無効にする

Windows 10 Anniversary Update を適用した状態で設定画面の「個人用設定」を選択し、左側のメニューから「色」を開きます。

windows10-darkmode-from-settings

ここでスクロールしていくと下のほうに「アプリのモードを選ぶ」という項目があるので、「黒」を選択するだけです。

これだけで Windows 10 が黒く、カッコよくなります。

windows10-darkmode-enabled

元に戻す時は同じように「アプリのモードを選ぶ」で「白」を選択しましょう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする