Atom から Gist へアップロードするパッケージ Gist It

シェアする

GitHub には Gist というテキストをアップロードするための Web サービスが用意されている。プロジェクトを作るまでもないがちょっとしたメモやコード片をアップロードし、公開したり共有するのに便利だ。

Gist へテキストをアップロードするには通常 GitHub のページから行うが、現在エディタで開いているテキストファイルやスクリプトをアップロードしたい、なんて時にはコピペするのは面倒だしエディタから直接アップロードしたい。

Atom を利用しているのであれば Gist It というパッケージを利用する事で簡単にテキストを Gist へアップロードする事ができる。

このパッケージを使うためには GitHub のアカウントがある事はもちろん、Gist へアクセスするためのトークンを取得する必要がある。トークンは以下のページより取得が可能だ。

gist にチェックが入っていれば OK だ。

トークンを取得できたら Gist It の設定画面でトークンを入力するだけで使えるようになる。

atom-gist-it-settings

設定画面では他にも「新しい Gist のデフォルトをプライベートにする」や「Gist を作成後開く」、「GitHub Enterprise Host」なども指定が可能だ。

Gist It の利用方法はショートカットキーを押すだけ。以下のような感じでアップロードできる。

atom-gist-it

現在のファイルをアップロードするなら Control-Alt-G, 選択範囲のみアップロードするのであれば Shift-Control-Alt-G を押すとダイアログが出るので、Gist 名を指定するだけ。

上記の Gif アニメでアップロードした結果は以下のようになった。

atom-gist-it-uploaded

Gist を頻繁に利用するのであれば入れておいて損は無いだろう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする