Windows 10 の IME でクラウド候補を有効にし、変換効率を向上させる

シェアする

Windows 10 でも Google 日本語入力を主に利用していたのだが、Microsoft Edge やスタートメニュー等ではいまだに使うことができず、Microsoft IME を利用して日本語を入力している。せっかくなので Microsoft IME の設定を確認していたところ、クラウド予測変換なる機能がついている事に気づいたので試しに使ってみた。

Sponsored Links

Microsoft IME のクラウド候補とは?

クラウド、とついている通り、インターネット上から変換文字列を検索してくる機能だ。変換には Microsoft の検索エンジンである Bing を利用し、入力中のテキストも Bing に送信される。送信されるテキストは暗号化されるとあるが不安であればこの機能をオフにすれば良いだろう。

クラウド候補を利用することで通常の IME では変換できないような語句でも変換できるようになります。例えば、アニメの題名やスポーツ選手の名前等が変換候補に現れるようになります。

Microsoft IME のクラウド候補を有効にする

クラウド候補は以下のような方法で有効にすることができます。

タスクバーの IME アイコンを右クリックし、プロパティを開きます。

windows-ms-ime-property

詳細設定を開きます。

windows-ms-ime-property-window

予測入力タブを選択し、「予測入力を使用する」と「クラウド候補を使用する」にチェックを入れます。

windows-ms-ime-property-enable-cloud

これでクラウド候補が利用できるようになりました。

クラウド候補を無効にするには上記のチェックボックスをオフにするだけで OK です。

Sponsored Link

シェアする

フォローする