WordPress へショートコードを自由に追加するプラグイン Shortcoder

シェアする

WordPress にはショートコードという予め設定しておいたスクリプトや文字列を投稿内に挿入する機能があります。通常は functions.php 等に定義したり、プラグインの機能を利用する為にそのプラグイン内で定義されていたりします。

このショートコードを自分で好きなように作る事ができたら記事を記述するのがより楽になるでしょう。Shortcoder というプラグインを利用する事でショートコードを自由に作成、編集する事ができるようになります。

使い方は簡単です。まず、管理画面の設定欄より Shortcoder の設定画面を開き、ショートコードを作成します。

wp-shortcoder

Title にショートコードの名前を、Content にそのショートコードで表示したい文言等を入力します。編集画面は記事作成時と同様のビジュアルエディターもしくはテキストエディタを利用可能です。ショートコードを保存するには右下の「Create Shortcode」を押します。

これで投稿内でショートコードを利用する準備ができました。利用するには以下のショートコードを利用します。

[sc name="test"]

name のところに作成したショートコードの Title を入れます。簡単ですね。もしくはエディタのツールバーに「Shortcoder」というボタンが表示されるので、クリックする事で作成したショートコードが一覧で表示され、簡単に利用できます。

ショートコードを利用する事でよく使う文言やスクリプトを簡単に利用する事ができ、効率よく記事を書く事ができます。うまく利用したいところですね。

Sponsored Link

シェアする

フォローする