Google Chrome で SSH に接続する拡張機能/アプリ Secure Shell と Crosh Window

シェアする

普段 SSH を利用してサーバにアクセスする際に Windows では RLogin という紛らわしい名前の SSH クライアントを利用しています。特に不満点は無いんですが、Google Chrome で SSH 接続を行う Secure Shell というアプリがある事を知ったので試してみました。というか SSH も扱えるんですねぇ、ブラウザとは一体・・・

このアプリを利用する事で Google Chrome のタブで SSH を開く事が可能になります。

chrome-secure-shell

使い方は他の SSH クライアントと同様に、ホスト名、ポート番号、ユーザ名や鍵の指定も行う事ができます。普段 SSH クライアントを利用している方であれば特に難しい事は無いでしょう。鍵を指定する際は Identity の Import で表示されるダイアログより公開鍵と秘密鍵の両方のファイル選択する必要があります。

設定項目により見た目やショートカットキー/修飾キーの挙動、文字選択時に自動的にコピーするか、等を指定する事が可能です。

しかしこの Secure Shell, Google Chrome のタブとして動作するのでブラウザのショートカットキーが優先されてしまう事があります。例えば Ctrl-n を押して履歴を移動しようとすると新規ウインドウが出たり、Ctrl-t で文字を入れ替えようとしたら新規タブが開いてしまう。といった事がある。このままでは快適に作業できない。

その問題点を解決する為には Crosh Window という Chrome アプリを利用すると良いです。

これを利用する事で SSH を専用のウインドウで表示する事ができ、上記のようにブラウザのショートカットキーと重複する心配が無くなります。

chrome-crosh-window

ここまでするなら何も Chrome にこだわらなくても、という気もしますが覚えておくといつか便利に使えるかもしれません。

Sponsored Link

シェアする

フォローする