マレーシアの美味しい料理を紹介しよう

シェアする

DSC01370

ちょっと前までマレーシアに滞在していたのだが、そのとき「マレーシア 食べ物」で検索したところ、「おいしい」より先に「まずい」がサジェストされていて驚いた。なんでやこんなに美味しいのに・・・

俺が毎日食べている料理をまずいなどと言われては悲しいので、マレーシアで食べてきた美味しい料理を一気に紹介していこう。

以下に紹介する料理の中には中華料理とインド料理も混ざっているように見えるが、マレーシアはマレー系6割中華系3割インド系1割な多民族国家であるので気にしてはいけない。マレー系の料理が口にあわなくても中華系なら美味しく食べられるかもしれない。

Sponsored Links

ナシレマ

DSC01331

マレーシアの国民的料理らしい。ココナッツミルクや塩を使って炊いたご飯で朝食に食べるもの、だったようだが別に昼間や夜に食べてももちろん大丈夫だ。付け合せに小魚やキュウリなどが乗っていて 2RM 前後と非常に安い。が物足りない感じあるのでアヤム(鶏肉)とセットで頼むと良い。写真のものもナシレマアヤムだ。

ナシゴレン

DSC01226

ナシ=米, ゴレン=炒める, というわけで所謂炒飯である。マレーシア料理といえばナシゴレンを連想する人も多いだろう。中華風のものとは味付けが違うし、唐辛子が入っていて辛めである。具材によって様々な種類があるのでこれだけ食べていてもなかなか飽きない。

DSC01258

俺が好きなのはナシゴレンアヤムとナシゴレンUSA、アヤムは鶏肉という意味だが一緒に炒めたり、フライドチキンやクリスピーチキンを乗せたりと店によって異なる。ナシゴレン USA は何故 USA なのかはわからないが目玉焼きとかアヤムパプリカとかついてる。

ミゴレン

DSC01281

マレー語の「ミー」は「麺」という事で焼きそば。これもマレーシア料理として有名だろう。もちろん辛い。辛いといっても唐辛子を避けて食えば大したことはない。青い唐辛子を口に含むととてもつらい。

ミーサップ

DSC01301

サップはスープという意味なのでラーメン的な何かになる。写真のは鶏肉入りなのでミーサップ・アヤムとなる。これはミゴレンなどと違い唐辛子類は自分でいれるところが多いので辛くない。唐辛子とか入れなければさっぱりしてて美味しい。入れても美味しい。

ナシトマトアヤム

DSC01221

全体的にトマト風味のご飯+鶏肉。屋台で食べたのだが、貧弱なスプーンのみで食べにくかった・・・。美味しかったけど。

アヤムパプリク

DSC01291

pad(炒める) + prik(唐辛子) で paprik というらしい。オリジナルはタイらしいが現在はマレーシアの料理として認識されているようだ。当然辛いが美味い。

アヤムペニェト

DSC01278

インドネシア料理屋だがインドネシアはマレーシアに近いからまあいいだろう。PENYET = 平たくする、という意味らしいがよくわからない。

上記で紹介したナシゴレンやミゴレンもインドネシアでも広く食べられる。同じイスラム教の国で言葉も文化も近い。

サテー

DSC01245

マレー風焼き鳥、だが写真のは中華料理屋で食べた時のもの。謎のタレにつけて食べる。日本でも焼き鳥が好きなら食べてみよう、気にいるはずだ。

ロティチャナイ

DSC01254

インド由来のパン的な何か。クレープ生地に近いかもしれない。これ頼むとカレーがセットで付いてくるのでそれに付けて食べる。バナナや卵などと合わせたりもできる。むしろそのほうが良い。朝食べるものらしく昼いくと無い。

バナナリーフカレー

DSC01319

インド系の店ならだいたいどこにでもあるらしい(ホントかはしらん)、バナナの葉を皿代わりにしてご飯とカレーにいくつかのオカズを載せたもの。安くて美味い。というかカレーはどこで食べても美味い。右手だけを使って食べると通っぽいが慣れないと食べにくいしスプーン使おう。

ビリヤニ

DSC01402

インド風の炊き込みご飯。例によってカレーにつけて食べる。とにかく美味い。最高である。おそらくこの中で一番食べたんじゃないかな。

マレーシアだけでなく、他の東南アジアやインドでも食べられる。いつかインドに言ったら飽きるほど食べたいものだ。

ギーライス

DSC01283

ギー(バターオイルの一種)を使った米料理。やっぱりカレーにつけて食べる。写真じゃビリヤニと区別が付かないけどちょっと色が薄い。

ムルタバ

DSC01302

インド風のお好み焼き的な料理。羊肉や玉ねぎなどを包んだロティのような感じ、だろうか。国によってかなり種類が異なるらしい。マレーシアではこれもカレーにつけて食べる。

チキンライス

DSC01261

海南鶏飯とか言われるやつ。タイ料理としても有名だろう。マレー系の飯屋だとチキンだけだが中華系の店にいくとポークも用意されている事が多い。この写真のもポークとチキンのセット。安くて美味い。

マレー系と中華系で味付けや調理法が変わってくるし、店によっても異なる事が多い。

DSC01370

これはチキンライスというよりはナシアヤム。鶏肉とライスを使っているというだけで完全に別物だ。

クレイポットライス

DSC01197

土鍋にご飯と具材を入れて焼いたものに醤油ダレをかけたもの。フードコートなどで前を通りかかるとめっちゃ良い匂いがする。美味しくないわけがない。

食べる時は余熱でご飯が焦げるので混ぜよう。

肉骨茶

DSC01288

昔マレーシアにいた中国人労働者が編み出した料理らしい。豚肉をスパイスや醤油で煮込んだスープで米との相性が最高に良い。

牛肉麺

DSC01215

文字通り牛肉入の麺。台湾なんかでも有名だけどマレーシアでも中華系の飯屋やフードコートで良く見る。美味い。

カリーミー

DSC01238

カレー味の麺。中華とインド系が合わさったマレーシアらしい料理、なのか知らないが美味い。写真のは焼きそばみたいな感じだけどスープ麺もある。というかこの写真のは別のメニューだった気がするけどあんまり覚えていない。

ワンタンミー

DSC01259

ワンタン入の麺。これもマレーシア以外でも食べられるけどやっぱり美味い。

素食

DSC01335

中華系ベジタリアン向け料理。ここはマラッカで他の旅行者に連れて行って貰った素食屋だが値段が無く、客からの寄付で賄っているらしく募金箱が用意されていた。

経済飯

セルフサービスでおかず選んで会計してもらうやつ。種類が多くていつもどれを選ぶか悩む。中華系の店とマレー系どちらにも同じような感じの店がある。

中華系の店とマレー/インド系は当然メニューが異なる。

DSC01253

これは中華系。

DSC00257

DSC01200

こっちはマレー系。ナシカンダールと呼ばれる食堂で食べられる。たまにめちゃくちゃ辛いものが混ざっているので苦手な人は注意。不安なら空いてる時を見計らって店員にアレコレ聞きながら選ぶと良いだろう。値段は一切書いてなく、その量や種類で料金が決まる。大体7-10RMぐらい。

マレーシアのローカル飯屋 Nasi Kandar でカレーを食す
カレー Advent Calendar 2016 の 14日目の記事です。 スラマッパギ!現在マレーシアのクアラルンプールにいる @ryomasu です。マ...

ティータリック

DSC01320

マレーシア式ミルクティー。辛いものを食べる時はコレを飲みながら食べると多少マシになる。ちなみに一番右はブラックコーヒー。

オススメのレストラン

美味しいマレーシア料理は紹介したので、今度は自分はマレーシアでよく行っていた飯屋を中心に美味しかったお店を紹介しよう。自分がよく泊まるのがセントラルマーケット付近なのでその回りで良く行っていた店のみですが。

Nam Heong Chicken Rice

店名にある通りチキンライスのお店。有名らしく昼時はかなり混んでるし、日本語のメニューもある。チキンライスの写真はここで撮ったものだ。中華系の店なので豚肉も食べられる。チャイナタウンの外れにある。

Restoran Lai Foong

中華系のフードコート的な感じでイロイロなものが食べられるが特にオススメなのがビーフヌードル。この記事の牛肉麺もここのものです。セントラルマーケットからも近く、何度もリピートした。

Restoran Nasi Kandar Al-Baik Di Bistro

インド系の料理屋でうまいビリヤニが食べられる。上記のビリヤニ、ギーライス・ムルトバの写真はココで食べたもの。セントラルマーケットやチャイナタウンから近くて行きやすい。

Restoran Hidangan Suria

マレー系の料理や経済飯を出す店。ミゴレンやナシパプリクはここで食べたもの。ちょっと駅から歩くが安くて美味い。

まとめ

マレーシアの料理には上記以外のものも沢山あります。旅行した際には様々な料理を食べてみよう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする