Chrome をカーソルで操作する拡張機能 Caret Browsing

シェアする

通常コンピュータはマウスやトラックバッドを利用して操作するのが一般的ですが、大抵キーボードでの操作も用意されている事が多いです。しかし、標準の状態ではキーボードのみで操作するのはマウスのように自由にカーソルを移動できるわけではないのでなかなか大変です。

Google Chrome であれば Caret Browsing という拡張機能を入れる事でキーボードの矢印キーを使用した操作を行えるようになる。

この拡張機能をインストールし、F7 キーを押すとキャレットブラウズモードとなり、以下のようにカーソルが表示されると共に矢印キーでブラウザを操作できるようになります。

chrome-caret-browsing

オフにする場合はもう一度 F7 を押します。

矢印キーで移動して Enter キーでリンクやボタンをクリックできますし、従来の Tab によるフォーカスの移動も可能です。

テキストを選択する場合は Shift キーを押しながら矢印キーを押し、Ctrl キーを押しながら操作する事で単語単位で動く事ができます。

何らかの事情でマウスが使えない、キーボードによる操作が好みだという場合に役に立つでしょう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする