Mac のメニューバーに常駐する天気アプリ WeatherBug Lite - Weather Forecasts and Alerts

シェアする

外出する際には天気は常に確認しておきたいものですね。OS に限らず天気予報を表示するアプリは様々なものがリリースされています。

天気予報サイトである Weatherbug が提供する Mac アプリ WeatherBug Lite というアプリもその中の1つです。

OS X にも天気アプリは沢山あり、メニューバーに常駐する天気予報アプリも多いですが、WeatherBug Lite はレーダー付き。これは珍しいんじゃないかなと思います。

使い方は簡単、アプリを起動したらメニューバーに温度と天気のアイコンが表示されるのでクリックするだけ。位置情報を許可するだけで現在地の天気が表示されます。

osx-weather-bug-lite

現在自分はバンコクにいるのでバンコクの天気が表示されています。天気予報をクリックするとより詳細な情報を Web ブラウザで開きます。他の地域の天気を見たい場合は地名の欄をクリックする事で都市を指定可能です。

天気に関する警告がある場合はメニューバー上にアラートマークが表示されます。

osx-weather-bug-lite-alert

偶然ニューヨークの天気を表示させたら出ていましたがここから Web ページを確認すると「強風注意」のようです。

もちろん温度の単位はセルシウス度とファーレンハイト度を、風速はマイルとメートル法をそれぞれ設定可能です。

メニューバー常駐型の天気アプリを探していたら試してみると良いでしょう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする