Mac を強制的に起こし続けるアプリ Double Shot

シェアする

Macbook をバッテリー駆動させているとちょっと放置しただけでスリープ状態になりますよね。電池を長持ちする為に重要な機能ですが、画面を見続けたい場合などスリープされると困るような時もありますね。

Double Shot というカフェインが大量に入ってそうな名前のアプリを利用すると Mac を一定時間、もしくは無限に強制的に起こす事が可能になります。

このアプリを起動したらメニューバー上にアイコンが表示されるので、そこから有効/無効を切り替えるだけです。

mac-double-shot

時間の指定は 15分, 30分, 1時間, 3時間, 無限 の5種類、設定項目は他には「ログイン時に同時に起動する」のみで非常にシンプルなアプリです。

Mac をスリープさせないアプリはこの他にも Caffeine や Amphetamine, InsomniaX, Taurine などあるので、メニューの構成や使い勝手で選ぶと良いでしょう。

Caffeine で Mac をスリープさせないようにする
基本的にパソコンはほっとくとスリープするように設定してるんだけど、今は勝手にスリープしてほしくない!って時が結構ある。そこ...
Mac が自動でスリープするのを防ぐ Amphetamine
Mac に限らずコンピュータを放置してると自動的にスリープさせるなどの設定を行っている人は多いと思いますが、場合によっては常に起動...
Macbook を閉じてもスリープさせない InsomniaX
通常 Macbook を閉じると自動的にスリープモードになります。便利な機能のはずですが、時間のかかる処理を放置したい場合なんかは逆に不...
Mac を時間指定で自動スリープさせない Taurine
Mac を自動スリープさせないアプリというと Caffeine がとても有名ですね。最近リリースされた Taurine というアプリでも同じような事が...
Sponsored Link

シェアする

フォローする