Mac 標準機能で通貨や長さ、重さなどの単位を変換する

シェアする

現在海外マレーシアにいる為、両替時など為替レートがどのくらいなのかを把握しておく必要があります。

また、通貨以外にも海外では利用している単位が違いますね。とくにアメリカでは頑なにヤードポンド法を使っているのでわざわざメートルなどに変換し直さないといけない。。。早くメートル法に移行しろ。

最近 Mac をいろいろいじっていたら、どうやら OS X に最初からインストールされている電卓に通貨換算や単位の変換を行う機能がある事に気づいた。

mac-calculator-convert-menu

変換できるのは 通貨、面積、エネルギー、長さ、パワー、圧力、スピード、温度、時間、ボリューム、重さ、の11種類。

mac-calculator-convert-currency

メニューを選択するとこんな感じにダイアログが出て通貨を選択する事で変換できます。

が、これちょっと面倒くさいですよね。というわけで別の方法があります。

Sponsored Links

Spotlightを使用して通貨や単位の変換を行う

一々電卓を起動して数字入れてメニューから選んでダイアログ出して単位を選択して・・・とやるのは凄く面倒くさい・・・なので Spotlight を使いましょう。

Spotlight を使うととても簡単、control+space を押して Spotlight を起動したら 100 USD などと金額を入力するだけ!

mac-convert-currency-with-spotlight

それだけで入力した値が日本円に変換されました。おまけに他の通貨での値も確認できます。内部的には電卓の機能を呼び出しているだけだと思うのですが、UIが変わるだけでとても簡単に見られますね。

もちろん他の単位も使えます。

mac-convert-mile-with-spotlight

野球見る方なら 100 mile = 約 160 km というのは知っている方多いと思いますが、じゃあ 95 mile なら?計算面倒くさいですが Spotlight 使えば一瞬ですね。

Spotlight 他にも便利な機能がたくさんあるので、上手く使いこなしたいところですね。ggV

Sponsored Link

シェアする

フォローする