Anker PowerCore 10000 発売、PowerCore+ 10050 と比較してみた

シェアする

anker-powercore-10000

先日 Anker の新しいモバイルバッテリー、PowerCore 10000 が発売されました。

自分は発表があった一週間ぐらい前にほぼ同じ容量の PowerCore+ 10050 を購入したばかりでタイミングが悪い。。。

Anker PowerCore+ 10050 を購入した
現在使っているモバイルバッテリーがだいぶヘタってきたので新しいものを購入した。 購入したのは Anker PowerCore+ 10050 というや...

しかし新しく出た PowerCore 10000 と PowerCore+ 10050の二つ、容量は殆ど同じだが一体何処が違うのか、調べてみた。

Sponsored Links

PowerCore 10000 のほうが小型、軽量

anker-powercore-10000-is-compact

PowerCore+ 10050 もコンパクトさを売りにしているモバイルバッテリーではあるが、PowerCore 10000 はさらにコンパクトだ。スペック情報より大きさと重さを比較してみよう。

PowerCore 10000 PowerCore+ 10050
高さ 92mm 96mm
60mm 61mm
厚み 22mm 23mm
重さ 180g 236g

幅と厚みは殆ど変わっていないが高さがぐっと縮まっている。PowerCore 10000 の製品紹介ページでは「クレジットカードとほぼおなじ大きさ」「10000mAh以上のモバイルバッテリーでは、最軽量かつ最小サイズ」である事を強調している。

PowerCore 10000 は QuickCharge 2.0 に非対応

anker-powercore-10000-fast-charge

PowerCore+ 10050 では Qualcomm Quick Charge 2.0 へ対応しているため、対応しているスマートフォンでは充電が非常に早い。一方 PowerCore 10000 にはその機能は備わっていない。

しかし、Anker の独自技術である PowerIQ と VoltageBoost による超高速充電が可能であると謳っている。

どちらもパナソニック製バッテリーセル搭載

anker-powercore-10000-battery-cell

パナソニックというだけで何故か安心できますね!!!!

ちなみに 10000mAh で iPhone 6s が約4回分充電できます。

どっちが良い?

PowerCore 10000 と PowerCore+ 10050 どちらを買うべきかだが、どっちを買っても満足できるんじゃないかな?と思う。

  • 充電時間が短いほうが良い -> PowerCore+ 10050
  • 軽い方が良い -> PowerCore 10000

という感じにわけると良いだろう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする