postfix のエイリアスで正規表現を使う

シェアする

前回の続き。

VPS 上の Ubuntu と postfix で独自ドメインを使用してメールを受信する
自分のドメインでメールを使いたいなと思ったのでさくらの VPS にメールサーバを建ててやってみた。といっても普段使うのは gmail で受...

postfix で受信したメールを他のメールアカウントへ転送する為の設定を行う。

エイリアスの設定は main.cf 内の alias_maps により定義される。標準では /etc/aliases のみだが、正規表現によるエイリアスの設定を行う為に /etc/postfix/aliases.reg も指定しておく。

alias_maps = hash:/etc/aliases,regexp:/etc/postfix/aliases.reg

今回は正規表現での指定を行うので、aliases.reg を編集する。通常の aliases と違い、宛先後の「:」は不要のようだ。

例えば以下のように指定すれば loumo.jp ドメイン上の nullpo に数字が続いたメールアドレス宛に送信したものを example@gmail.com へ転送する。

/^nullpo[1-9]+(@loumo.jp)?$/ example@gmail.com

通常 aliases の設定では左側に指定する項目にドメイン名は入れないが、正規表現で指定する場合には (@example.com)? のように指定しないといけないようだ。

この状態で nullpo(何かの数字)@loumo.jp へメールを送ると以下のように gmail へ転送される。

postfix-regexp-fowarding-test

これで転送はokだ。

Sponsored Link

シェアする

フォローする