Google Chrome でタブを自動的に整理してくれる Tab Wrangler 拡張機能

シェアする

今の Web ブラウザはどれもタブに対応していますが使い続けているとついついタブを開きすぎてしまう事、ありますよね。50 も 60 も開いていると一覧で表示できなかったり目的のタブを探すのが億劫です。

開いているタブのうち、本当に使うものはそう多くないが自分で整理するのは面倒と感じる人もいるでしょう。Google Chrome の拡張機能である Tab Wrangler を利用すると使っていないタブを自動的に閉じ、常にタブを整理する事ができます。

この拡張機能を入れておけば指定した時間(標準では20分)アクティブにならなかったタブを自動的に削除してくれます。そして削除したものはツールバー上の Tab Wrangler アイコンより確認、再度開く事ができます。

chrome-tab-wrangler

Pin したタブや指定したタブは自動削除の対象外となるので、本当に開いておきたいタブだけを残す事ができます。また、一時的に大量のタブを開いたままにしておいたい、という場合には一時停止ボタンも用意されています。

設定画面では以下の項目を設定できます。

  • 非アクティブのタブを閉じる時間
  • 自動で閉じないタブの個数
  • 閉じたタブを覚えている個数
  • 閉じたタブを Chrome 終了時にクリアする
  • 閉じたタブの数を表示
  • 自動ロックするURLの指定

片付けられない人に良さそうですね?

Sponsored Link

シェアする

フォローする