2015 年に紹介したオススメ Google Chrome 拡張機能 5 つ

シェアする

もう 2015 年も終わりになるし折角なので今年紹介した Google Chrome の中からオススメのものを再度紹介しておこう。

Sponsored Links

iChrome

Google Chrome の新規タブを iGoogle 風にできる iChrome
数年前に終了してしまった iGoogle というサービスがあります。google のサービスでページに様々なウィジェットの中から好きなようにカ...

新規タブページを今はなき iGoogle のような感じにしてくれる。ニュースや天気、時計、電卓、スピードダイヤルやアプリの一覧など必要なものは大体表示できる。背景も自由に設定できるのも良い。

Ghostery

トラッキング防止しプライバシーの保護を行うブラウザ拡張機能、Ghostery
最近の Web サイトには様々な技術が使われていますね。その中にはユーザーの行動をトラッキング、データを収集していたりするものもあり...

Web サイト上で使われている様々なスクリプトをブロックし、プライバシーを守る拡張機能だ。アクセス解析や広告などを無効化できる。

Data Saver

デスクトップ版でも Chrome のデータ転送量を節約する拡張機能、Data Saver
モバイル版の Google Chrome では標準で利用できる通信量節約機能がデスクトップ版でも使えるようになりました。まだベータ版ですけどね...

画像や HTML を圧縮して通信量の節約ができる拡張機能です。PC 向けの Web サイトはスマートフォン向けよりデータ量が多い事がある。とくにテザリングやポケットWi-FI使用時にデータ通信量に制限のあるプランを利用しているときに良いだろう。

Black Menu for Google

Google のヘビーユーザなら入れておくべき Chrome 拡張機能, Black Menu
Google にはただ検索を行うだけではなく、メールやカレンダー、地図、動画、翻訳、ニュースなど様々なサービスがある。それら複数のサー...

Google のヘビーユーザーにオススメしたいのがこの拡張機能。メニューバーのアイコンをクリックするだけで Google の各サービスを利用する事ができる。検索、メール、地図、翻訳、Youtube、ニュース、カレンダー等、タブを新たに増やさなくてもアクセスできるのは良い。

BuiltWith Technology Profiler

Chrome で今見ている Web サイトでどのような技術が使われているのかを調べる拡張機能 BuiltWith Technology Profiler
Web 開発者の方であれば今開いている Web ページにどのような技術が利用されているのか気になる事がありますよね。ソースを表示したり D...

今 Google Chrome で開いているページでどのような技術が使われているのかを確認できる拡張機能だ。なぜかはてブを沢山集めた。利用している CMS や JavaScript のライブラリ、サーバの OS など様々な情報を得る事ができる。開発者向けに良いだろう。

まとめ

上記以外にも様々な拡張機能を試した。以下より一覧を見れる。

まだまだ知らないものもあるし、これから開発されて出てくるものもあるだろう。来年も引き続き紹介していきたいところだ。

Sponsored Link

シェアする

フォローする