Atom エディタ内を自由に動きまわる為の jumpy パッケージ

シェアする

テキストファイルを編集する際に面倒くさい事の一つにカーソル移動があります。カーソルキーで1つずつ移動するのは少しだけなら良いが、エディタ内を動き回るには不十分です。

Atom であれば jumpy というパッケージを利用すると、ショートカットキーを利用してエディタ内を自由に動きまわる事が可能になります。

このパッケージを入れ、エディタ上で shift + enter を押すと、エディタ内に大量のジャンプポイントを示すアルファベットが表示されます。

atom-jumpy

それらを打ち込むだけでその場所へ移動できます。

1画面に表示されていれば分割された複数のパネルをまたがっていても移動できます。

atom-jumpy-splitview

利用されるアルファベットは正規表現によりパターンを作成可能なので自分の押しやすいキーを設定可能です。

カーソルを移動させるのは面倒くさいと思うのであればとても便利でしょう。

Sponsored Link

シェアする

フォローする