W-ZERO3 が発売されてから10年経った

シェアする

シャープ及び今は亡きウィルコム、Microsoftにより開発されたスマートフォン W-ZERO3 が発売された2005年12月14日より今日で丁度10年となった。もう10年も経ってしまったか。

知らない人も多いと思うので簡単に言うと W-ZERO3 は Windows Mobile を搭載したスマートフォンで PC のようにアプリを入れたりタッチパネルと物理キーボードを搭載、ネットワークにウィルコムのPHS回線に加えて無線LANも利用できる端末だ。当時の携帯電話はガラケーしか選択肢が無かったがガラケーではカスタマイズの自由度が低く、ブラウザも貧弱、テンキーによる文字入力にも馴染めなかった自分にとってスマートフォンはピッタリだった。一番最初の iPhone が発表されたのが2007年なのでそれよりも早く、時代を先取りした端末でもあった。しかしマニアックすぎて一般層にまで広がる事は無かった。

当時は回りの人は皆ガラケーを使っていてスマートフォンなんて単語も殆ど出ていないような時期で、これを使ってると「それ電話できるの?」「でかくね?」「重そう」などと随分と温かいコメントを貰った記憶がある。しかし今のスマートフォンは W-ZERO3 より大きい物も珍しくなくなった。厚みは結構違うけど。

ついでに iPhone の発表/発売された当初は「スマートフォンなんて日本では流行らない」「ガラケーで十分」なんて声も多かったと思う。しかし今では大半の人がスマートフォンを利用している。いち早く日本で iPhone を発売したソフトバンクは先見の明があったのだった。嫌いな企業ではあるが評価できる点の一つだ。

こんな記事を書いているが僕は初代 W-ZERO3 は買っていない。発表する直前にウィルコムの京ぽん2を買って当時学生であった自分にはお金が無かったからだ。知ってたら間違いなく W-ZERO3 を購入していただろう。

ついに俺の手元に京ぽ
ついに俺の手元に京ぽん2がやってきた。auはぽいぽい。ちなみにカメラはauのA5503SA。 実に2年ぶりの機種変である。噂どおり不具...

その約一年後に後継機種である W-ZERO3[es] が発売され、社会人となってお金に余裕が出たのでそちらを購入した。

買っちゃった
まだあんまりいじってない。とりあえずRealVGAにすっか。

これはディスプレイが小さくなり無線LANを搭載していないモデルだったがテンキーを搭載しぱっと見はストレート型の端末にみえる形状であった。もちろんスライド式のキーボードも搭載している。この機種以降、willcom 03, Xperia Arc, Xperia SX, Nexus 5 とスマートフォンのみを使用している。ブログのログを見たら最初に購入したのが2006年11月なのでもうスマートフォンを9年も使っている事になる。これはガラケーを使っていた時期より長い。

だからなんだという感じだがせっかく丁度10年経つのでなんとなく書いてみた。また面白いガジェットが出てくると良いなぁ。

Sponsored Link

シェアする

フォローする