作業しながら Youtube などの動画をながら見できる Mac アプリ Helium

シェアする

仕事したりブログ書いたりプログラミングしたりしながら動画を見たり音楽を聞いたりする人は多いと思う。音楽ならバックグランドで再生させ続ければよいが動画は再生のためにディスプレイの一部を動画用に確保する必要がある。ディスプレイが狭いと厄介だし、広くてもそれは有効活用したい。

Helium というアプリを利用すれば、Youtube や NetFlix などの動画を見ながら他の作業を行うのに適した小さなフローティングウインドウを画面上に表示し続ける事ができる。

このアプリを実行するとデスクトップ上に小さな Web ブラウザを表示できる。

mac-helium

URL を開いたり進む/戻るといった操作はメニューバー上から行う。動画を見る際は URL を開くで直接動画の URL を指定しよう。このブラウザからリンクを辿って表示するとヘッダーメニューなどの余計なものが表示されてしまう。

また、ウインドウの透明度の指定や拡大縮小表示もメニューバー上より指定する事ができる。

Helium アプリをアクティブな状態にしない限り、マウス操作などは Helium のウインドウを通り越して実行されるのでウインドウが邪魔でクリックできないなんて事も防ぐ事ができる。

Chrome などのブラウザで小窓を作って表示するより格段に便利なので動画などを見ながら作業する場合には使うと良さそうだ。

Sponsored Link

シェアする

フォローする