コンピュータに msvcp140.dll/msvcr140.dll が無いと言われた

シェアする

Windows であるアプリケーションを起動しようとしたら、以下のようなエラーメッセージがでて動かなかった。

windows-msvcp140-dll-missing

コンピューターに msvcp140.dll がないため、プログラムを開始できません。
この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてみてください。

これは大抵の場合、インストールしたアプリケーション自体はとくに問題ないが、それを動かすために必要なものが Windows に入っていない為に起こる。今回のケースでいえば msvcp140.dll をインストールさえすれば動く。ではそれはどこからどうやってインストールすれば良いのだろうか。

ついでに同じ方法で動くようになるだろう msvcr140.dll についても記述する。

Sponsored Links

コンピュータに msvcp140.dll/msvcr140.dll が無い時の解決方法

msvcp140.dll/msvcr140.dll というのは Microsoft の出している Visual Studio 2015 で開発されたアプリケーションで必要になる Visual C++ ライブラリだ。なので Visual Studio 2015 の Visual C++ 再配布可能パッケージをインストールする事で解決するだろう。以下のリンクよりダウンロードできる。

download-visual-studio-2015-dll

言語を選択してダウンロードボタンを押すと、以下のように「ダウンロードするプログラムを選んでください」とメッセージが出る。

download-visual-studio-2015-dll-choose-file

64bit 版か 32bit 版かを選ばなければいけない。これは自分が使っている Windows のバージョンとは関係なく、アプリケーションがどちらで作成されているかによるので dll が無くて動かないアプリケーションの Readme ファイルなどを確認してみよう。わからなければ両方入れれば良い。多分多くの場合は x86 と書かれている方で良いとは思うのだが。

ダウンロードしてきたファイルを実行し、インストールすれば目的のアプリケーションが動くはずだ。

Sponsored Link

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    URLくらいはれや無能

  2. いぶサンデー より:

    とても役に立ちました。
    ありがとうございます。