屋外で撮るのに便利なファインダー(EVF)のついた高級コンデジが欲しい

シェアする

camera-with-evf

小さくて軽いコンパクトデジタルカメラの中でも画質を重視したいわゆる高級コンデジというやつが気になっている。画質は高いほうが良いが大きくて重たい一眼レフなどは持ちたくないという場合に丁度良いジャンルだ。

ところでコンパクトデジタルカメラや廉価版のミラーレスカメラではスペースやコストの制限からかファインダーを搭載せず、液晶モニタのみを使って撮影するものが多い。それはそれで便利ではあるのだが、液晶画面は昼間野外で見にくいという、旅行や登山でカメラを使う自分にとっては結構困る欠点がある。

ファインダーがあれば日差しが強くともちゃんとフレーミングを確認して撮れるし、何よりカメラを使っている感じがして撮っていて気分が良い。

というわけで現在ファインダーつきの高級コンデジを探してみた。なお外付けできるものとネオ一眼は除く。でっかくなるので。。

ちなみにスペック表の画素数は有効画素数、焦点距離は35mm換算、重量は総重量を記載しています。

Sponsored Links

SONY サイバーショット DSC-RX100M3

高級コンデジといえば RX100 だろう。一インチセンサーと明るいズームレンズを搭載してなおポケットに入るサイズに収まってて使い勝手が良い。mark 3 から格納式の EVF を搭載し、屋外でも見やすくなっている。ファインダー付き高級コンデジの中では一番コンパクトだ。

画素数 2010万画素
センサー 1型CMOS(裏面照射型)
焦点距離 24mm-70mm
F値 F1.8~F2.8
ファインダー EVF
撮影枚数 320枚
重量 290g

Canon PowerShot G5 X

キヤノンが出している高級コンデジシリーズの中で現行モデルでは唯一 EVF を搭載しているのが G5X。同社が出している PowerShot G7X に EVF を搭載したものという感じだ。多分センサーは Sony RX100 シリーズと同じだろう。RX100 よりズームが効く、EVF を取り出す必要がない、チルト液晶ではなくてバリアングル液晶でタッチパネル、というあたりがポイントか。ちょっと頭でっかちだがこういう形も悪く無い。

画素数 2020万画素
センサー 1型CMOS(裏面照射型)
焦点距離 24mm-100mm
F値 F1.8~F2.8
ファインダー EVF
撮影枚数 210枚
重量 377g

パナソニック LUMIX DMC-LX100

パナソニックが出している高級コンデジ。モードダイヤルを廃し絞りリング、シャッタースピードに露出補正ダイヤルを搭載したレンジファインダー機のような見た目をしている。そこまでしといてなぜズームは電動なのか小一時間問い詰めたい。センサーサイズは 4/3 だがマルチアスペクト対応で実際に使用しているサイズは一回り小さいようだ。スペック上はとても良さそうなのだが売れてないのか妙に値下がりが激しい。

画素数 1280万画素
センサー 4/3型MOS
焦点距離 24mm-75mm
F値 F1.7~F2.8
ファインダー EVF
撮影枚数 350枚
重量 393g

パナソニック LUMIX DMC-TX1

2016年春にパナソニックから発売された高級コンデジ DMC-TX1 にも EVF が搭載されています。センサーは他同様一インチサイズですが10倍ズーム搭載と他より倍率が高いのが特徴です。通常倍率の高い高級コンデジは本体サイズが非常に大きくなるのですが、これはポケットに入るかのような小ささになっています。パナソニック製だけあって 4K 機能が充実しているのもポイントですね。

画素数 2010万画素
センサー 1型CMOS
焦点距離 25mm-250mm
F値 F2.8~F5.9
ファインダー EVF
撮影枚数 300枚
重量 310g

富士フィルム FinePix X30

富士フィルムが出している高級コンデジのうち、2/3インチセンサーとファインダーを搭載しているほうのシリーズ。先代 X20 は光学式だったと思うのだが X30 からは EVF になった。この中では最もセンサーサイズが小さいがまぁ大した差でもあるまい、その分ズームも効く。コンデジの中では珍しくズームが電動じゃないのも良い。

画素数 1200万画素(有効画素)
センサー 2/3型 X-Trans CMOS II (裏面照射型)
焦点距離 28mm-112mm
F値 F2~F2.8
ファインダー EVF
撮影枚数 470枚
重量 423g

富士フィルム FinePix X100 T/S

富士フィルムが出している、ズームレンズを搭載しないかわりにセンサーサイズが巨大な高級コンデジが X100 シリーズだ。初代より光学ファインダーとEVFの両方のファインダーを搭載している変態機種でもある。X100 T では変態度が増して光学ファインダーの右下にちょこんとピントエリアを表示できるようになった。

ローパスフィルターレスな APS-C サイズの X-Trans CMOS センサーに専用設計の換算 35mm F2 単焦点レンズを組み合わせ画質は文句なし。クラシカルな見た目も相まってこれがフィルムメーカーの本気だよという感じである。もちろん値段もそれなりにする。

画素数 1630万画素(有効画素)
センサー APS-C X-Trans CMOS II
焦点距離 35mm
F値 F2
ファインダー 光学式、EVF、ハイブリッド
撮影枚数 330枚
重量 440g

まとめ

高級コンデジというだけあって結構値段する上にどの機種も一長一短で悩ましい。画質を重視するなら単焦点モデルだけど便利さを優先させたら小型軽量の RX100m3 かなぁ。でもファインダー取り出すのが面倒だしう~んって感じ。

-- 2016-06-15 追記
パナソニック LUMIX TX1 を追加

Sponsored Link

シェアする

フォローする