Chrome に沢山インストールした拡張機能をグループ分けできる Context

シェアする

Google Chrome に様々な拡張機能を組み合わせる事で Web ブラウジングがより便利になりますが、拡張機能を沢山インストールするとメニューバーのアイコンが酷い事になりますね。こんな感じに・・・

chrome-too-many-extentions

拡張機能は厳選してインストールするべきとは思いますが、あれもこれも便利で捨てられないという事もあります。

Context という拡張機能をインストールすると、この大量の拡張機能をグループ分けして、必要な時に必要な物を有効化して使えるようになります。

この拡張機能を設定する事で拡張機能をグループ分けし、仕事中や休み中などで Google Chrome にインストールしてある拡張機能をそれぞれ有効/無効を切り替える事ができます。

chrome-context-settings

グループはそれぞれ名前やアイコンを指定したり、拡張機能をドラッグアンドドロップによってわける事ができます。もちろん一つの拡張機能を複数のグループに属する事も可能です。

わけたグループはメニューバー上のアイコンより切り替える事ができます。

chrome-context-menu

設定はインポート、エクスポートする事も可能で、サーバ上にセーブもできます。

Google Chrome の拡張機能は便利なものが多いですが入れ過ぎるとボタンが沢山出来て見難くなったり動作が重くなる原因にもなるのでうまく管理したいところですね。

Sponsored Link

シェアする

フォローする