Google Chrome の履歴をビジュアライズ化してわかりやすく表示する拡張機能 Chrome Visual History

シェアする

Google Chrome では他のブラウザ同様に閲覧履歴を保存しており、後から以前訪れた Web サイトを検索したり、Web ページを表示した際に既に訪れたリンクかどうかのチェックを行ったりします。

そういった用途に加えて、拡張機能の Chrome Visual History を利用すればグラフを用いてどの Web サイトをどのくらい利用したのかがわかるようになります。

使い方は簡単、ツールバー上の Chrome Visual History アイコンをクリックするだけ。

chrome-visual-history

このように今日、今週、今月、全て、の4つのグラフでどの Web サイトをどのくらい使ったかを表す事ができます。僕の場合は Tweetdeck, google, facebook, twitter が多いですね。使った時間ではなく、閲覧した回数なのでどうしても数が大きくなりますね。

とくに閲覧制限をするものでもないので履歴をさくっと確認するのに良いと思います。

Sponsored Link

シェアする

フォローする